BLOG

ダイヤモンドを散りばめたロールスロイスの特別仕様車

2013年11月13日 17時39分 JST | 更新 2014年01月12日 19時12分 JST

2013-11-12-rollscelestial.jpg

アラブ首長国連邦はロールス・ロイスにとって中東の中でも特に重要な市場。そこで同社は先週、同国で開催されたドバイ国際モーターショーで、特別仕様車を勢揃いさせた。

中でも注目を浴びたのは「セレッシャル ファントム」。同車は「ファントム」をベースにした特別モデルで、すでに今年のフランクフルトモーターショーでデビューしているが、今回のショーのために超豪華にお色直し。ドアパネルやセンターコンソール、後部座席とのパーテーションに446個のダイヤモンドが施され、多数のLEDを埋め込んだスターライト・ヘッドライニング(車内の天井部)は、ファントムの第1号車の記念すべき納車日、2003年1月1日の晩の星座を再現したものになっている。

2013-11-12-73536drr1.jpg

さらに夜空のような青色のレザーや、特製のガラス食器とピクニックセットを装備。ホイールハブにも彫刻が施され、ボンネットにはマスコットの「スピリット オブ エクスタシー」像が掲げられている。

この素晴らしくお金のかかったセレッシャル ファントムは「ファントム ビスポーク シケイン クーペ」とともにドバイ国際モーターショーで初披露となり、さらに新型クーペ「レイス」も中東でのデビューとなった。

さらなる詳細はプレスリリース(英語)をチェックしてほしい。

(こちらは2013年11月11日のAutoblogの記事「ダイヤモンドを散りばめたロールスの特別仕様車『セレッシャル・ファントム』」を転載したものです)

Rolls-Royce Phantom Celestial Edition Photos