profile image

長島昭久

衆議院議員

1962年2月17日(寅年)生まれ。慶應義塾大学・同大学院卒。米国ジョンズ・ホプキンス大学(SAIS)で修士号取得。米外交問題評議会で日本人初の上席研究員を経て、2003年に衆議院初当選。これまで内閣総理大臣補佐官(外交・安全保障担当)、防衛副大臣を歴任。政治信念は「外交・安全保障に与党も野党もなし、あるのは国益のみ」。 Twitter @nagashima21 Facebook https://www.facebook.com/aki.nagashima21
長島昭久

衆院での安全保障法制論議の総括

またしても安全保障関連法案の国会審議が情緒論に埋め尽くされてしまった。参院での審議を終えた現時点での私の所感を皆さんと共有させていただきたい。
2015年07月17日 15時46分 JST
Akihisa Nagashima

いま本当に必要な安保法制とは何か

自民、公明両党が共同文書「安全保障法制整備の具体的な方向性について」に正式合意しました。これを受けて、政府は、5月の大型連休明けの国会に提出する関連法案づくりを急ぐとともに、日米防衛協力の指針(ガイドライン)の改定作業を加速させる構えです。
2015年03月23日 16時42分 JST
時事通信社

今こそ、日本の外交戦略を問い直す!

ISIL(自称「イスラム国」)による邦人人質事件は、外交の舵取りの難しさを改めて考える契機となりました。自ら掲げる「積極的平和主義」の旗印の下、安倍首相は年初の中東歴訪によって、国際テロとの闘いを前面に打ち出しました。
2015年02月01日 16時06分 JST
 

激しい選挙戦を振り返って

与党の圧勝を許した最大の敗因は、野党勢力の結集が中途半端に終わり、国民に明確な選択肢を示せなかったことです。
2014年12月27日 21時26分 JST