profile image

小林啓倫

経営コンサルタント

1973年東京都生まれ。獨協大学卒、筑波大学大学院修士課程修了。システムエンジニアとしてキャリアを積んだ後、米バブソン大学にてMBAを取得。その後外資系コンサルティングファーム、国内ベンチャー企業を経て、現在はコンサルタント/ライターとして活動。著者に『災害とソーシャルメディア』(マイコミ新書)、訳書に『データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」』(日経BP)など多数。個人ブログ「POLAR BEAR BLOG」は2011年度のアルファブロガー・アワードを受賞している。

神話の時代

データ分析という行為が最終的な価値を生み出すためには、何らかの物語を提示して、人々に受け入れてもらうという過程が必要になるのである。
2013年05月08日 18時53分 JST