profile image

Dr. Mark Dybul

マーク・ダイブル 世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)事務局長

マーク・ダイブル 1992年米国ジョージタウン大学医学部(免疫学専攻)卒。米国立衛生研究所アレルギー・感染症研究所勤務を経て、2003年米国大統領緊急エイズ救援計画(PEPFAR)の設立を主導、2006-2009年 PEPFAR代表であるグローバル・エイズ調整官(米・国務次官補級)としてエイズ対策に取り組んだ。その後、ジョージタウン大学オニール研究所国際保健法プログラム共同ディレクターを経て、2013年1月 グローバルファンド事務局長に就任。