profile image

フットボールチャンネル

サッカー専門のネットメディアです。圧倒的な論説をお届けします。

サッカー専門のネットメディアです。『サッカー批評』と『フットボールサミット』の編集部が制作するWEBサイト。圧倒的な論説をお届けします。
 

遠藤保仁はなぜボールを奪われないのか?

視界に遠藤保仁がいる。ボランチ、あるいはトップ下、フォワードとして。ピッチ上の遠藤とはどのような存在なのか。数々のシーンでともにプレーしてきた、今野泰幸の経験とともに紐解いていく。(『フットボールサミット第21回 遠藤保仁、W杯を語る』より)
2014年05月31日 20時06分 JST
 

内田篤人がW杯へ込める4年分の思い

怪我で後半戦を離脱していた内田篤人。日本代表の合宿では順調な回復ぶりを見せた。再発の恐れもあるが、本人は手を緩めるつもりはない。そこには4年分の思いがある。南アW杯の悔しさを本人は忘れていない。
2014年05月25日 19時02分 JST
フットボールチャンネル

浦和レッズへの無観客試合処分は妥当か?

来日30年。マイケル・プラストウ氏は、日本サッカーの黎明期から見つめ続けている英国人ジャーナリストだ。人種差別の問題や、J3創設、2ステージ制、秋春制以降問題などJリーグは新たな転換期を迎えている。プラストウ氏は、そんな日本サッカーの現状をグローバルな視点から語ってくれた。第1回は、浦和レッズが、サポーターの差別的横断幕によって無観客試合という処分を下された事件について。
2014年03月21日 23時01分 JST
Hiroki Watanabe via Getty Images

J規約変更がもたらした浦和の無観客試合。期待したい差別への認知とサッカーを超えた日本社会全体への影響(海老沢純一)

浦和レッズのサポーターが出した横断幕に差別的表現があった問題で、Jリーグは無観客試合という処分を下した。この制裁はJリーグが規約を変更していたことで実現したもの。差別撤廃へ、期待したいのはサッカーを超えて良い影響を日本全体にもたらすものだ。
2014年03月15日 00時00分 JST