profile image

梅原 淳

鉄道ジャーナリスト

東京生まれ。大学卒業後、三井銀行(現在の三井住友銀行)に入行。その後、雑誌編集の道に転じ、交友社月刊『鉄道ファン』編集部、文化放送ブレーン月刊『ナース専科』編集部などを経て、鉄道ジャーナリストとして独立。主な著書に『鉄道の未来学』(角川oneテーマ21)、『新幹線の科学』(サイエンス・アイ新書)、『なぜ風が吹くと電車は止まるのか』(PHP新書)などがある。
KADOKAWA

JR北海道の処分は妥当か?

ここ数年来、JR北海道は列車脱線事故や車両の不具合といった不祥事を立て続けに起こし、筆者はその真相を探るべく、取材と調査を続けてきた。途中経過ではあるが、JR北海道の現状と今後採るべき道を2013(平成25)年12月に『JR崩壊』(角川oneテーマ新書)にまとめたところ、大きな反響をいただき、感謝に堪えない。
2014年01月24日 23時41分 JST