profile image

武澤順子

元ヤクルト販売店員

1933(昭和8)年満州・旅順生まれ。1946(昭和21)年、終戦後引き揚げのため福島県相馬郡新地へ。結婚後、一男一女をもうけ、主婦業のかたわらヤクルト販売店員として39年間勤務。2010(平成22)年暮れに52年間連れ添った夫を亡くし、その3ヵ月後被災する。 息子でテレビディレクターの武澤忠が制作、2012年3月に放送された日本テレビのドキュメンタリー『リアル×ワールド ディレクター被災地へ帰る 母と僕の震災365日』は番組審議委員会推薦作品となった。 著書に、武澤忠との共著『生きてやろうじゃないの!』がある。
Tadashi Takezawa

これからも許される限り生きてゆきます

彼の日より沢山の皆様に応援のメッセージを頂きながら、生かされた日々を紡いで、この2月に80を越した命がここにあることを有り難くも重く受け止めながら、感謝の気持をお伝えしたいと思います。
2014年03月11日 15時25分 JST
Tadashi Takezawa

被災者としての誇り

私は福島県相馬市に住んでいるが、被災地によってその災害状況は様々であるし、復興復旧といえども、一律には言えないものがあるから、一口に被災者の心持ちを語り切れるものではない。あれから3年を迎える。天と地を引き裂いたあの災害は今尚思いがけない後遺症を残している。
2014年01月25日 16時51分 JST