profile image

國分功一郎

哲学者、高崎経済大学経済学部准教授

党内運営の諸問題

何十年もの政権担当で与党慣れしている自民党と、何十年も強力な縦型組織を維持する共産党。これら日本の最古参政党は或る意味で似ている。これまでに培ってきた、あるいは打ち立ててきた党内運営の手法に基づいて、一方は「圧勝」し、他方は「躍進」した。単に議席数だけでなく、注目度も含めて考えれば、今回の選挙は、従来通りの党内運営を行えたこれらの政党の勝利であった。
2013年07月24日 00時06分 JST

「私たちは年をとりました。あなた方は年をとらないけど」―住民投票から考える民主主義の諸問題(2)

何よりもまずこの計画について指摘しなければならないのは、この計画が半世紀前の1963年(昭和38年)に策定されたものだということである。今はむしろ、自動車の販売台数の減少が心配されている時代だ。交通量の減少は誰もが口にしている。本当に新しく巨大道路を作る必要があるのだろうか。
2013年05月22日 17時45分 JST