profile image

Kosuke Takahashi

高橋浩祐 ハフィントンポスト日本版編集長

1968年生まれ。93年慶応義塾大経済学部卒。2003年米コロンビア大大学院でジャーナリズムと国際関係公共政策の2つの修士号取得。93~99年朝日新聞記者をへて、ブルームバーグ・ニュース、アジア・タイムズ・オンライン、ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン、インスティテューショナル・インベスター誌などでライターやエディターのほか、2009~2012年日経CNBC経済解説部コメンテーター。2009年から英軍事専門誌ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー東京特派員を務める。米紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンや英紙ガーディアン、シンガポールのストレーツ・タイムス紙、東洋経済オンライン等にも記事掲載。
YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images

立憲主義を否定する安倍政権

この国の政治家に、リーガルマインド(遵法精神)や立憲主義の精神はないのだろうか。国民はそんな法治国家の根幹部分を揺るがすようなことを認めていいのだろうか。政治家も国民も立憲主義の精神が今、強く問われている。
2015年07月15日 17時15分 JST
Kenji Ando

アジアの女性を取り巻く「ガラスの天井」はなくなるのか? 3カ国の編集主幹が語る

ハフポスト韓国版の編集主幹のソン・ミナは、常識や社会規範にとらわれずに「クレイジーになりましょう(=Be crazy!)」とエールを送り、インド版の編集主幹のイシェタ・サルガオカーは「女性が自分の考えていることを声を大にして主張して」と呼びかけた。
2015年05月24日 18時25分 JST