profile image

やまだまさこ

ライター 脳性麻痺・身障者

昭和38年・東京都出身 脳性麻痺・身障者 埼玉県内の普通高校卒業  昭和57年:日本生命保険相互会社勤務(内勤)昭和63年:日本鉄道建設公団勤務 日本大学法学部通信教育中退後、平成元年:福祉系大学入学(平成4年:卒業)  平成4年:精神障害者福祉施設勤務  平成5年:労働行政非常勤職員(平成8年退職)  以後、体調を崩し十数年間の引きこもり生活、現在フリーライター  資格等:社会福祉主事 福祉住環境コーディネーター3級、FP3級  平成3年「障害学生に関する生活史研究」を自費出版   キーワード: 「障害者雇用」 「社会問題としての障害者問題」 「時代の証言者としての生活史の研究」 目下「障害者の生きる意味」執筆中
ULTRA.F via Getty Images

ドラマ「明日ママ」は「子供に見せたくない」の質が違う

施設職員が必ずしも良い人ばかりとは限らないのも現実である。養父や後妻の暴力や苛めのサスペンス作品も多くある。しかし、どうしても「明日ママ」を肯定的に見られないのは、野島作品がサイコパス的なだけでなく、子供同士が変なあだ名で呼び合っている場面が見ていられない。
2014年02月08日 17時13分 JST