profile image

M-Labo

「ほしい未来をつくる」ために、若手医療者、医療学生という立ち位置から発信します。

M-Laboは、私達が求める「より良い医療・社会」とは何か、アクションを続けながら考えるラボ(研究所)。これからの医療を担う若者世代の問題意識・想い・エピソードを引き出したり、リアルなアクションを起こす為の仕掛け・繋がりをデザインします。これらを、WEBマガジンやイベントで社会に発信し、医療と社会の架け橋となります。 http://mlabo.net/
M-Labo

楽しい記憶を引き出すことが、認知症を緩和させる

認知症は、年を重ねるにつれて多くの人がなりうる病です。自分が誰なのか、今日は何月何日でどこにいるのかも認識できなくなり、生活に支障をきたすほどの異常行動を起こしてしまいます。現在、決定的な治療方法は見つかっておりませんが、進行を遅らせることは可能になりました。
2014年10月26日 23時17分 JST
 

早食いは肥満の原因 あなたの早食い直せます!

早食いは、よく噛まずに食べ物を飲み込んでしまうため、消化にも悪く肥満の原因であることは多くの方がご存知だと思います。しかし、「ゆっくり食べる」とはどのようにする事なのでしょうか。
2014年10月19日 17時15分 JST
M-Labo

安易に熱を冷ますべからず

熱を下げるために冷やすことは当然だと考える人も多い事でしょう。 しかし、冷やすことが解熱するということは実は証明されていません。
2014年10月11日 01時37分 JST
M-Labo

「色彩」が患者の味覚を変える

あなたは、綺麗な色のテーブルクロスが敷かれた机の上にあるご飯と、ただ机の上に置かれたご飯では、どちらの方に食欲をそそられますか?
2014年10月05日 23時20分 JST
M-Labo

医療者による朝のケアで、患者の何が良くなるのか

朝のケアは、患者さんにとって排泄や清潔が満たされ安楽をもたらすだけではなく、一日の生活行動や療養行動に取りかかりやすくして、日中の生活やリハビリを促進して回復や自立に影響を与える可能性もあるのではないかと思われるくらい、重要な看護師のケアなのです。しかし、病棟では医療者の忙しさのあまり、朝のケアが簡単に済まされてしまうのが現状です。
2014年09月24日 15時08分 JST