profile image

宇津宮尚子

ハフィントンポスト日本版アソシエイト・ニュースエディター

2006年、朝日新聞社入社。和歌山・岡山総局などを経て、東京本社報道局デジタル編集部。
Naoko Utsumiya

海上自衛隊の歌姫の「祈り」とは

全国23万人の自衛官の中で、ただ一人の歌手、三宅由佳莉さん。自衛隊の式典やイベント、東日本大震災の被災地の慰問演奏会などで歌を披露、その美しい歌声から「海上自衛隊の歌姫」と呼ばれ人気を集めている。2013年8月末に発売されたデビューCD「祈り~未来への歌声」はクラシック部門で異例の売り上げを記録している。東日本大震災から間もなく3年...
2014年02月01日 18時10分 JST
Naoko Utsumiya

「ミドリムシが地球を救う」ユーグレナ・出雲充社長に聞く「未来のつくりかた」

ミドリムシ、知っていますか? 世界の食糧危機や環境問題を解決し、近い将来には、ジェット機も飛ばせるかもしれない。そんな可能性を秘める藻の一種が、ミドリムシだ。「子供たちの栄養失調をなくすのは、ミドリムシ」と惚れ込み、屋外大量培養を成功させ実用化への道を切り開いたのはベンチャー企業「ユーグレナ」の社長・出雲充さん。「ミドリムシと出合って以来13年、『ミドリムシで地球を救う』ことを仕事にしている」と話す...
2014年01月13日 19時26分 JST
Naoko Utsumiya

「日本人の眠っている能力を引き出したい」

「リーダーシップとは、一人だけが輝くことではない。地位や権威を持っているということでもない。不確かな状況であっても、人々が目的を共有し、その目的を達成するために、責任を持ってその状況を作り出すということだ」 2013年12月中旬、東京都内で開かれたワークショップ。米ハーバード大学のマーシャル・ガンツ博士の言葉に、会場を埋め尽くした雇用や教育問題、東日本大震災の復興支援など社会課題に取り組む社会企業家やNPOの代表者らは深くうなずいた。 ガンツ博士が教えるのは、普通の市民が持てる力を最大限に発揮し、社会変革を起こしていく「コミュニティオーガナイジング」と呼ばれる...
2014年01月11日 21時04分 JST
Naoko Utsumiya

「みんなの声が欲しい。これが民意です、ともっと言いたい」港区議・柳澤亜紀さんに聞く「未来のつくりかた」

「私がやったほうが良いんじゃないの?」。 テレビで少子化問題について語る高齢の男性の政治家を見て、ふとつぶやいたひと言。そこから、「待機児童の問題を解決したい」と政治の世界に飛び込んだワーキングマザーがいる。東京都港区の区議会議員の柳澤亜紀さん(32)。2011年の統一地方選で1歳の長女を抱えながら選挙戦を戦い、初当選を果たした。区議になって約2年半。「私はママさんたちの声を拾って政治に反映する、子育て世代の代弁者。専業主婦でも、働く母親でも...
2014年01月04日 21時19分 JST
Naoko Utsumiya

東大から宇宙へ 超小型衛星でビジネスを変える

世界中の人が宇宙からのデータをスマホで気軽に利用する――。そんな日常が近い未来、訪れるかもしれない。その鍵となる「超小型商用衛星」を開発し、日本の宇宙ビジネスの歴史に新たな1ページを刻んだのは東京大学発のベンチャー企業「アクセルスペース」(東京都千代田区)。通常の衛星の100分の1までコストを抑え、「ヘリコプターと同じ価格で自社衛星を持つ」ことを実現した。
2013年11月22日 21時04分 JST
Kaori Sasagawa

「脱原発、180度転換は、あり得ない」

福島第一原発事故後、「原発再稼働」と「脱原発」で揺れる日本。日本がドイツから学ぶことは何か。4年間の任期を終え、まもなく日本を離れるフォルカー・シュタンツェル駐日ドイツ大使はドイツ外務省で原子力の平和利用を担当する課の課長を務め、日本では東日本大震災を経験した。大使にドイツのエネルギー政策や今後の日独関係などについて聞いた...
2013年11月01日 16時38分 JST
Naoko Utsumiya

ネット選挙を勝ち抜いた共産党のソーシャルメディア"秘策"

ネット選挙が解禁された7月21日投開票の参院選では、各政党がさまざまなネット戦略を展開した。なかでも、話題を集めたのは改選3議席から8議席に躍進した共産党。激戦となった東京選挙区では、吉良佳子氏がソーシャルメディアを駆使した選挙活動を展開、12年ぶりに議席を奪還した。党本部も個性豊かなゆるキャラたちがネット上で政策を拡散。候補者全員がツイッター(twitter)かのフェイスブック(facebook)のアカウントを開設したという共産党のネット選挙戦略の裏舞台を取材、その“秘策”を聞いた。
2013年08月16日 18時04分 JST
Motoo Unno

オバマ氏再選に導いたネットに勝る手法とは

インターネットやテクノロジーを駆使した選挙活動が盛んなアメリカ。2012年に再選を果たしたオバマ大統領もソーシャルメディアを活用した選挙運動を展開した。しかし、オバマ陣営が重視したのは、草の根の選挙戦。08年と12年の大統領選でオバマ陣営の草の根ボランティアとして活動に参加した明治大学の海野素央教授は「ネットを駆使した『空中戦』と戸別訪問を中心とした『地上戦』が融合していた。ただ、ネットは後方支援にすぎなかった」と明かす。ネット選挙が解禁されたばかりの日本がオバマ陣営の選挙戦略から学ぶことは何か...
2013年07月12日 16時24分 JST
Getty

首相の強硬姿勢が裏目?

トルコ政府のEU担当相は15日、「タクシム広場にいる全員をテロリストとみなす」と述べ、警察は同日夜にゲジ公園で居残っていたデモ隊を催涙ガスや放水銃で強制排除した。公園に通じる道路なども一部封鎖された。エルドアン首相は16日、イスタンブールで開いた与党の支持者集会で、デモ隊に対する強硬姿勢を改めて示した。しかし、イスタンブールで始まったデモは、首都アンカラほか各地に広がりをみせている...
2013年06月17日 23時29分 JST
Getty Images

「太った人に着て欲しくない」

「太った人にはアバクロの服を着て欲しくない」。米カジュアル衣料大手のアバクロンビー&フィッチ(アバクロ)のマイク・ジェフリーズCEOの発言が波紋を呼んでいる。「我々は学校で人気者の子どもたちをターゲットにしている」といった過去のインタビューにも批判が集まり、 抗議の意を示す動画も登場。アバクロの服をホームレスの人たちに配る様子を描き、話題になっている。
2013年05月17日 21時20分 JST
Getty Images

「原因究明し、再発防止につなげて」

9人が死亡した中央自動車道・笹子トンネル(山梨県)の天井崩落事故で、ワゴン車に乗っていて事故に巻き込まれた5人の遺族が15日、事故を防ぐための注意義務を怠ったとして、中日本高速道路(本社・名古屋市)などに対して、総額約8億9千万円の損害賠償を求めて横浜地裁に提訴した。
2013年05月16日 17時53分 JST
Getty Images

そのとき、ブラピは・・・

日本人女性の16人に1人が発症するともといわれる乳がん。統計によると、2008年に乳がんと診断された女性は6万5千人を超える。そのうち、5~10%は遺伝的な影響があると考えられているという。米女優アンジェリーナ・ジョリーさん(37)が14日、米ニューヨークタイムズ紙に「My Medical Choice」と題する記事を寄せ、両乳房の切除手術を受けたことを明らかにした。遺伝性のがんを予防するためという。
2013年05月14日 21時18分 JST
Getty Images

飯島内閣官房参与が訪朝 小泉政権時に日朝交渉に関与

安倍内閣の飯島勲内閣官房参与が14日、北朝鮮の平壌を訪問した。飯島氏は小泉政権時代に首相秘書官として日朝交渉に関与しており、宋日昊(ソンイルホ)・朝日国交正常化交渉担当大使ら北朝鮮政府高官と面会して停滞する日朝関係の打開を探る狙いがあるとみられる。
2013年05月14日 20時04分 JST
Getty Images

米司法当局、AP通信の通話記録をひそかに収集

AP通信は13日、米司法当局が昨年2カ月間にわたり、同社の記者らの電話の通話記録をひそかに収集していたと報じた。AP通信のゲーリー・プルイト社長は同日、ホルダー司法長官に抗議の書簡を送り、「大規模で前代未聞の侵入」と厳しく批判した。
2013年05月14日 15時09分 JST

.

.
2013年05月13日 21時29分 JST
©Steiff 2013

もう手に入らない? くまモン、テディベアでも大人気

大人気の熊本県のゆるキャラ「くまモン」が、テディベアで知られるドイツの老舗高級ぬいぐるみメーカー「シュタイフ」社のぬいぐるみになって発売された。シュタイフ公式オンラインショップで12日午前0時から予約を受け付けていたが、すでに完売。テディベアになっても大人気のくまモンだった。
2013年05月13日 17時43分 JST
Getty Images

30代男性は3人に1人、女性は半数が経験 イマドキの婚活事情

「いたすぎる……」と評判を呼んだNHKの土曜ドラマ「ご縁ハンター」。結婚サイトを通じてたくさんの相手と出会うのに、なかなか「オンリーワン」に出会えない現実をリアルに描き、本格的な〝結婚難時代〟の到来を感じさせた。最近の婚活事情、いったいどうなっているのだろうか。
2013年05月13日 16時14分 JST