profile image

ネットと地域活性化を考える会

ICT(情報通信技術)による地域経済活性化や被災地復興に関わる企業、団体、個人から成るグループ

ICT(情報通信技術)による地域経済活性化や被災地復興に関わる企業、団体、個人から成るグループ。ICTを利活用した国や地方自治体の振興策について成果が十分上がっていない現状を憂慮し、「モノ」への投資偏重が要因であると問題を提起。ICTを戦略的に使いこなす「ヒト」への投資を訴える。
ネットと地域活性化を考える会

情報化の担い手が育つ仕組みを

ICTによる真の地域活性化のため、「モノ」であるICTを使いこなす「ヒト」への投資を提言する「ネットと地域活性化を考える会」。連載第5弾は、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)講師/主任研究員の庄司昌彦さんが、地域情報化プロジェクトに携わってきた十数年の経験を振り返り、成果を生み出せる人材像や人材育成のヒントについて寄稿しています。
2014年03月04日 01時02分 JST
finder

伝えるだけでは社会は変わらない

ICTによる真の地域活性化のため、「モノ」であるICTを使いこなす「ヒト」への投資を提言する「ネットと地域活性化を考える会」。連載第4弾は、株式会社ウィズグループ代表取締役の奥田浩美さんが、ネットメディアを活用しながら各地のプロジェクトを推進している視点から寄稿しています。
2014年01月30日 16時32分 JST
Regional vitalization and internet

民間主導でICTを使える人材を―藤沢烈

ICTの利活用でいえば、漠然と普及させるのではなく、住民の生活に役立つのか、役立つにしても使ってもらうにはどうすればいいかを考え、アイデアをカタチにしていく手腕が必要です。それには"お上任せ"ではなく自分たちの手でこの街を再生させるんだ、という意気込みが第一歩。
2014年01月27日 16時36分 JST
Getty

ICTを使って、もっと地域の課題と向きあおう(下)―木下斉

ICTによる真の地域活性化のため、「モノ」であるICTを使いこなす「ヒト」への投資を提言する「ネットと地域活性化を考える会」。前回に続き、一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事の木下斉さんが、ICTの利点や効果的な使い方について述べます。
2014年01月13日 18時12分 JST
Getty

ICTを使って、もっと地域の課題と向きあおう(上)―木下斉

ICTによる真の地域活性化のため、「モノ」であるICTを使いこなす「ヒト」への投資を提言する「ネットと地域活性化を考える会」。連載第2弾は、一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事の木下斉さんが、各地での取り組みを2回に分けてご紹介します。
2014年01月11日 19時21分 JST
インターネットと地域活性化を考える会

町興しはプロデューサー育成から(横石知二)――ICTで地域を耕す~モノからヒトの時代(1)

私たち「インターネットと地域活性化を考える会」は、「モノ」であるICTを使いこなす「ヒト」の育成が重要と考えています。当会は地域活性化に関わる企業、団体、個人から成るグループで、連載では、ICTによる真の地域活性化について提言します。
2013年12月25日 18時35分 JST