profile image

조세영

趙世暎(チョ・セヨン) 東西大学特任教授、元韓国外交通商部東北アジア局長

釜山の東西大学で国際関係を講義している趙世暎(チョ・セヨン)氏は、組織に頼らず一人で人生をチャレンジしようと、定年8年前の2013年9月に外交部を退職した。30年の外交官生活は日本と中国が中心で、この地域を統括する東北アジア局長としても働いた。 外交の現場で積んだ実務経験を土台にした「実践的文筆家」として、著述と講演が主な活動だ。「国益」を最高の価値と考えて働いてきた外交官が、自由で独立した立場で「国家の狭い枠」を超える世界を夢見ている。1人シンクタンクの「生きている政治外交研究所」の代表を務める。
연합뉴스

日本軍慰安婦問題を考える

20年以上悩みに悩んだ慰安婦問題は、私の単純な担当業務の一つではなく、時には哲学的考察の対象でもあった。国家とは何か、個人とは何か、そして「実現可能な次善」と「実現不可能な最善」の間で何を選ぶべきなのか。
2014年03月06日 19時01分 JST