profile image

井上泰浩

広島市立大学国際学部教授、ハワイ大学マノア校客員研究員

全国紙記者を経てミシガン州立大学院でマスメディア学の博士号を取得。マスコミ経験と科学的理論の融合をめざしている。専門はメディアによる政治・社会的影響(政治的行動)、国際コミュニケーション(情報の世界流通による政治や文化への影響)、ジャーナリズム、 そして、インターネットなど。
時事通信社

判断の大切さ 住宅地造成をしてきた料理店主の話

何度も行ったことのある被災地の広島市安佐南区緑井、八木地区。見慣れた景色だけに、テレビに映し出される映像に心が痛む。同僚の教え子で、同じ大学で働く非常勤助教の方も犠牲者になられた。亡くなられた方の無念さを思うと、つらい。
2014年08月22日 23時18分 JST
 

「正しいコピペ」 科学者にとってモラルではなく厳格な戒律

科学者、研究者が学術論文を書くときは、「正しいコピペ」(別の言葉でいうと「引用」。以下「コピペ」)をしまくります。その論文が、独創的であり、オリジナリティーが高くなればなるほど「コピペ」の頻度は高くなり、論文の半分以上は「コピペ」で埋まることさえあります。
2014年03月15日 16時13分 JST
井上泰浩

真珠湾に展示された「禎子の折り鶴」 実現の背景と意義

資料館の展示は単に真珠湾攻撃を展示するだけではなく、第2次世界大戦に至る近代日本の歴史、社会変化、産業化、軍事化について史実に基づいた公正なものに移行した。これは私の解釈であるが、なぜ日本は真珠湾攻撃を「せざるを得なかったか」の背景についても力点が置かれているように感じた。
2013年09月24日 00時48分 JST

アニメやkawaiiだけがクールジャパンじゃない――総合力、そして伝えること

経済力Gross National Product(国民総生産)ではなく、日本特有のGross National Coolという文化的クールさに脚光が当てられてから10年以上になります。これが起爆剤になって表舞台に引っ張り出されたのはアニメ、漫画に代表される多分にオタク系、アキバ系のサブカルがほとんどでした。本来は、そうではないのですが。
2013年07月09日 19時06分 JST

ネット選挙運動 誹謗中傷も「けっこうじゃないですか」

インターネット選挙運動の解禁によって、誹謗中傷から捏造、なりすまし、人気投票の懸念など取りざたされ、過保護なほどに心配されていますが、こういったことも選挙のうち。語弊はあるけれど「けっこうじゃないですか」と割り切ったらどうでしょう。
2013年06月13日 17時09分 JST

インターネット選挙運動を機に「中立」をやめませんか

インターネット選挙運動の解禁で、これまでマスメディアに交通整理された選挙情報は一気に「なんでもあり」状態になるでしょう。人格攻撃から誹謗中傷のネガティブキャンペーンが日本の選挙運動の主流になるかもしれません。こんな状況で、批判ばかりの「ああ言った、こう言った」中立報道がなんの役に立つのでしょうか。
2013年06月10日 17時46分 JST

米国の「選民意識」を利用する北朝鮮

核兵器に対する伝統的なアメリカ人の意識は、日本人には理解しにくい。まず、神の領域をアメリカが手にしたという宗教的な選民意識だ。
2013年05月07日 01時46分 JST