profile image

小笠原泰

明治大学国際日本学部教授

TORU YAMANAKA via Getty Images

迷走する安全保障法制の関連法案とその現実性

多数の国会議員を有しているので国民の絶大な負託を受けていると言われても、少なくとも、国会で「早く質問しろよ」とヤジをとばす常習犯であり、明らかに品位を欠く総理大臣に国の安全保障のあり方の判断を任せて良いかは心しないといけないかもしれない。
2015年07月12日 19時36分 JST
Shutterstock / Vincent St. Thomas

霞が関は大丈夫か? その三――異端的論考11

過去の延長線上に未来を予測できない環境に適応不全を起こし、不確実性に弱く、「能動的に考えること(自分の明確な意見を持つこと)」を疎んずる日本社会と日本人の劣勢が明確になる中で、文部科学省はお決まりのように、突如、「主体的に考える力」が必要であると声高におっしゃる。
2015年05月18日 15時06分 JST