Chika Igaya
Chika Igayaさんの最新投稿情報を受け取る
 
明治大学大学院文学研究科考古学専修博士前期課程修了後、産経新聞文化部記者などを経て、ドワンゴコンテンツでニコニコ動画のニュースを担当。2013年4月から現職。

Chika Igayaさんによる記事一覧

【TSUTAYA図書館】多賀城市立図書館の館長、「健康上の理由」で辞職へ

(0) コメント | 投稿日 2016年10月26日 | 17時44分

レンタル大手TSUTAYAやTカード事業を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者として運営する多賀城市立図書館(宮城県)の照井咲子館長が、2016年10月末で辞職することがわかった。

記事を見る

10月9日は「土偶の日」 縄文時代の歴史をスイーツで再現

(0) コメント | 投稿日 2016年10月08日 | 10時56分

10月9日は「土偶の日」。縄文時代の歴史を再現したスイーツ「いちまんねんパフェ」はいかが?

記事を見る

図書館で本を借りると、作家に1冊15円の印税 フィンランドの先進的図書館事情

(1) コメント | 投稿日 2016年09月24日 | 15時12分

フィンランドの図書館では、「読書介助犬」が子どもたちの読書を助けたり、従来のお堅いイメージから脱却して『市民のリビングルーム』になろうとしたり。図書館で本が借りられれば、作家に1冊15円の印税が入り、作家活動にも平均で一人あたり年間7000ユーロの補助金が出される。なぜ、フィンランドではこうした先進的な取り組みが行われているのだろうか?

記事を見る

旧朝香宮邸で「亡霊」たちの声に耳を傾ける 東京都庭園美術館でボルタンスキーの展覧会

(0) コメント | 投稿日 2016年09月22日 | 18時56分

フランスの現代美術家、クリスチャン・ボルタンスキーの展覧会「アニミタス−さざめく亡霊たち」が9月22日、東京都庭園美術館(港区)で開幕した。庭園美術館は、1933年に朝香宮邸として建築されたアール・デコ様式の絢爛たる建物。歴史の舞台となった旧朝香宮邸で、国際的なアーティストがそこに住まう「亡霊たち」の声に耳を傾けてみたら……?

記事を見る

どうしたら若者の自殺を止められる? 精神科医・森川すいめいさんに聞いた自殺希少地域の「ひとの話をきかない」強さ

(1) コメント | 投稿日 2016年09月06日 | 02時36分

精神科医・森川すいめいさんが、自殺が少ない地域を旅して体験したことをまとめた「その島のひとたちは、ひとの話をきかない」(青土社)」が今、注目を集めている。なぜ「その地域の人たちは人の話を聞かない」のか、さらに訊ねてみた。それは、深刻な社会問題となっている若者の自殺をどうしたら防ぐことができるのか、ということにもつながっていく。

記事を見る

"自殺が少ない地域" の「生きづらさ」を減らす仕組みを探して〜精神科医・森川すいめいさんに聞く

(3) コメント | 投稿日 2016年09月05日 | 11時01分

自殺で亡くなる人が少ない「自殺希少地域」と呼ばれる地域を旅した精神科医、森川すいめいさん。2016年7月に上梓した「その島のひとたちは、ひとの話をきかない」(青土社)には、そうした場所には「生きづらさ」を減らす仕組みがあると書かれていた。それは一体、どのような仕組みなのだろうか?

記事を見る

会田誠さんの作品撤去要請問題から考える「表現の自由」 東京都現代美術館に質問状も

(5) コメント | 投稿日 2016年07月22日 | 16時43分

東京都現代美術館(都現美、江東区)による現代美術家・会田誠さんによる作品が撤去・改変要請など、表現の自由が問われる問題が相次いでいることを受け、国際美術評論家連盟日本支部(峯村敏明会長)は7月24日、シンポジウム「美術と表現の自由」を東京都美術館(台東区)で開催する。

記事を見る

「ズートピア」のガゼルは男性か女性か聞いてみたら......?

(2) コメント | 投稿日 2016年07月08日 | 02時37分

公開2カ月で興行収入70億円を突破した映画「ズートピア」。ダイバーシティやLGBTという視点から観た場合、浮上したのがガゼルのトランスジェンダー説。果たして、彼女は女性だった? 男性だった?

記事を見る

カフェ併設の市立図書館、青森県つがる市のイオンモールにオープンへ

(0) コメント | 投稿日 2016年06月23日 | 17時15分

青森県つがる市は7月29日、市内の大型ショッピング施設「イオンモールつがる柏」に市立図書館を開館する。エントランスにはカフェ「タリーズコーヒー」を併設、回遊型図書館を目指す。

記事を見る

フィンランド流子育て イクメンたちが世界に伝えたい「育児パッケージ」の効果

(0) コメント | 投稿日 2016年03月29日 | 15時56分

子育てしやすい国、フィンランドの育児を支えているのが、「育児パッケージ」と呼ばれる母親手当だ。赤ちゃんや親が使用するアイテムがパックになった箱で、毎年4万世帯に出産をひかえた母親に無料配布されている。その「育児パッケージ」を世界でも広めようと、フィンランドのイクメン3人が会社を立ち上げて販売を始めた。一体、どんな効果があるのだろうか?

記事を見る

史上最年少の副町長が島から考える「地方創生」 鹿児島県長島町の挑戦

(3) コメント | 投稿日 2016年03月26日 | 02時45分

鹿児島県長島町(ながしまちょう)。豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、食料自給率もエネルギー自給率も100%を超える。しかし一方で、1960年には2万人を超えていた人口が、現在は1万人程度。多くの地方自治体と同様、過疎化の課題を抱えている。ここに誕生したのが、史上最年少の副町長だ。その「地方創生」とは?

記事を見る

3館目の「TSUTAYA図書館」が多賀城市にオープン 武雄市や海老名市との違いは?

(0) コメント | 投稿日 2016年03月20日 | 15時43分

これまでのTSUTAYA図書館とは何が違うのか?

記事を見る

津波に流された1冊の本が、陸前高田市立図書館に5年ぶりに"返却"されるまで

(0) コメント | 投稿日 2016年03月12日 | 10時21分

東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市立図書館。津波によって建物は全壊、職員7人全員が落命した。蔵書8万冊もすべて流出したが、支援の手が差し伸べられ、現在は仮設の建物で運営されている。この図書館へ、1冊の本が5年ぶりに“返却”された。タイトルは「防災講座 津波の心得」。津波にさらわれ、ボロボロになったこの本は、今までどこで、何をしていたのだろうか?

記事を見る

「ママ、お腹空いた」で発覚 新宿区立小学校で"給食抜き"の不適切指導

(21) コメント | 投稿日 2016年03月08日 | 11時30分

東京都の新宿区立江戸川小学校(中西憲次校長)で1月、教師の行き過ぎた指導により、一部の児童が「給食抜き」になっていたことがわかった。当日、保護者に対して学校から連絡や説明はなく、子どもの訴えで発覚した。保護者から相談を受けた新宿区教育委員会では、東京都教育委員会による体罰のガイドラインにおける「行き過ぎた指導」「不適切な行為」であるとして、学校と教師を指導した。

記事を見る

「バカの壁」で作った「バカの壁の壁」"増築中" なぜ?

(0) コメント | 投稿日 2016年03月01日 | 10時16分

名古屋市の伏見駅地下街で、400万部を超えるベストセラー「バカの壁」で作った「バカの壁の壁」が建築されている。この壁を作っているのは、人文系やカルチャー系の個性派古書店として知られるビブリオマニア。2013年から「バカの壁」を集め始め、現在は600冊を突破している。なぜ、「バカの壁の壁」は増築を続けるのか? 店主の鈴村純さんに聞いた。

記事を見る

「クウネル」「つるとはな」「暮しの手帖」を読み比べ 今、私たちが考える「雑誌の本懐」とは?

(0) コメント | 投稿日 2016年02月22日 | 16時37分

衝撃的なリニューアルをした「クウネル」、旧「クウネル」読者が注目する「つるとはな」、同時期に新編集長の初仕事となった「暮しの手帖」。話題の3冊を友人たちと読み比べてみた。私たちが求める「雑誌の本懐」とは?

記事を見る

「クウネル」のリニューアルはなぜ必要で、何が必要だったのか?

(0) コメント | 投稿日 2016年02月14日 | 11時38分

ライフスタイル誌「クウネル」が1月にリニューアルしたが、あまりの変貌に「旧クウネル」読者に衝撃が走った。この「クウネル・ショック」はなぜ起きたのか? リニューアルはなぜ必要で、何が必要だったのか?

記事を見る

【TSUTAYA図書館】CCCが「Pマーク」を返納、利用者の個人情報はどうなる?

(0) コメント | 投稿日 2016年02月12日 | 12時31分

レンタル大手「TSUTAYA」や、ポイントのつく「Tカード」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者として運営する神奈川県・海老名市立図書館で、新たな問題が起きている。個人情報などを適切に扱っていることを認証するプライバシーマーク(Pマーク)をCCCが返納したのだ。一体、なぜ? その影響は?

記事を見る

【TSUTAYA図書館】Pマーク返納についてCCCとの一問一答

(0) コメント | 投稿日 2016年02月10日 | 16時31分

神奈川県の海老名市立図書館の指定管理者であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が2015年11月、個人情報が適切に扱われていることを認証するプライバシーマーク(Pマーク)を返納した。しかし、海老名市では、図書館の指定管理者を募集する際に「Pマークの所持」を応募資格としていた。ハフポスト日本版では、PマークについてCCCに質問、その回答を全文掲載する。

記事を見る

【TSUTAYA図書館】海老名市立図書館の"貸出カード"を作ったら、ダイレクトメールが届くのはなぜ?

(0) コメント | 投稿日 2016年02月10日 | 16時21分

レンタル大手「TSUTAYA」や、ポイントのつく「Tカード」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者として運営する神奈川県・海老名市立図書館で、“貸出カード”を作った利用者が、「ダイレクトメールが送られてきた」とTwitterに投稿した。その背景に
何があるのか? 情報法を専門とする新潟大学法学部の鈴木正朝教授に聞いた。

記事を見る