Chika Igaya
Chika Igayaさんの最新投稿情報を受け取る
 
明治大学大学院文学研究科考古学専修博士前期課程修了後、産経新聞文化部記者などを経て、ドワンゴコンテンツでニコニコ動画のニュースを担当。2013年4月から現職。

Chika Igayaさんによる記事一覧

カフェ併設の市立図書館、青森県つがる市のイオンモールにオープンへ

(0) コメント | 投稿日 2016年06月23日 | 17時15分

青森県つがる市は7月29日、市内の大型ショッピング施設「イオンモールつがる柏」に市立図書館を開館する。エントランスにはカフェ「タリーズコーヒー」を併設、回遊型図書館を目指す。

記事を見る

フィンランド流子育て イクメンたちが世界に伝えたい「育児パッケージ」の効果

(0) コメント | 投稿日 2016年03月29日 | 15時56分

子育てしやすい国、フィンランドの育児を支えているのが、「育児パッケージ」と呼ばれる母親手当だ。赤ちゃんや親が使用するアイテムがパックになった箱で、毎年4万世帯に出産をひかえた母親に無料配布されている。その「育児パッケージ」を世界でも広めようと、フィンランドのイクメン3人が会社を立ち上げて販売を始めた。一体、どんな効果があるのだろうか?

記事を見る

史上最年少の副町長が島から考える「地方創生」 鹿児島県長島町の挑戦

(3) コメント | 投稿日 2016年03月26日 | 02時45分

鹿児島県長島町(ながしまちょう)。豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、食料自給率もエネルギー自給率も100%を超える。しかし一方で、1960年には2万人を超えていた人口が、現在は1万人程度。多くの地方自治体と同様、過疎化の課題を抱えている。ここに誕生したのが、史上最年少の副町長だ。その「地方創生」とは?

記事を見る

3館目の「TSUTAYA図書館」が多賀城市にオープン 武雄市や海老名市との違いは?

(0) コメント | 投稿日 2016年03月20日 | 15時43分

これまでのTSUTAYA図書館とは何が違うのか?

記事を見る

津波に流された1冊の本が、陸前高田市立図書館に5年ぶりに"返却"されるまで

(0) コメント | 投稿日 2016年03月12日 | 10時21分

東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市立図書館。津波によって建物は全壊、職員7人全員が落命した。蔵書8万冊もすべて流出したが、支援の手が差し伸べられ、現在は仮設の建物で運営されている。この図書館へ、1冊の本が5年ぶりに“返却”された。タイトルは「防災講座 津波の心得」。津波にさらわれ、ボロボロになったこの本は、今までどこで、何をしていたのだろうか?

記事を見る

「ママ、お腹空いた」で発覚 新宿区立小学校で"給食抜き"の不適切指導

(19) コメント | 投稿日 2016年03月08日 | 11時30分

東京都の新宿区立江戸川小学校(中西憲次校長)で1月、教師の行き過ぎた指導により、一部の児童が「給食抜き」になっていたことがわかった。当日、保護者に対して学校から連絡や説明はなく、子どもの訴えで発覚した。保護者から相談を受けた新宿区教育委員会では、東京都教育委員会による体罰のガイドラインにおける「行き過ぎた指導」「不適切な行為」であるとして、学校と教師を指導した。

記事を見る

「バカの壁」で作った「バカの壁の壁」"増築中" なぜ?

(0) コメント | 投稿日 2016年03月01日 | 10時16分

名古屋市の伏見駅地下街で、400万部を超えるベストセラー「バカの壁」で作った「バカの壁の壁」が建築されている。この壁を作っているのは、人文系やカルチャー系の個性派古書店として知られるビブリオマニア。2013年から「バカの壁」を集め始め、現在は600冊を突破している。なぜ、「バカの壁の壁」は増築を続けるのか? 店主の鈴村純さんに聞いた。

記事を見る

「クウネル」「つるとはな」「暮しの手帖」を読み比べ 今、私たちが考える「雑誌の本懐」とは?

(0) コメント | 投稿日 2016年02月22日 | 16時37分

衝撃的なリニューアルをした「クウネル」、旧「クウネル」読者が注目する「つるとはな」、同時期に新編集長の初仕事となった「暮しの手帖」。話題の3冊を友人たちと読み比べてみた。私たちが求める「雑誌の本懐」とは?

記事を見る

「クウネル」のリニューアルはなぜ必要で、何が必要だったのか?

(0) コメント | 投稿日 2016年02月14日 | 11時38分

ライフスタイル誌「クウネル」が1月にリニューアルしたが、あまりの変貌に「旧クウネル」読者に衝撃が走った。この「クウネル・ショック」はなぜ起きたのか? リニューアルはなぜ必要で、何が必要だったのか?

記事を見る

【TSUTAYA図書館】CCCが「Pマーク」を返納、利用者の個人情報はどうなる?

(0) コメント | 投稿日 2016年02月12日 | 12時31分

レンタル大手「TSUTAYA」や、ポイントのつく「Tカード」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者として運営する神奈川県・海老名市立図書館で、新たな問題が起きている。個人情報などを適切に扱っていることを認証するプライバシーマーク(Pマーク)をCCCが返納したのだ。一体、なぜ? その影響は?

記事を見る

【TSUTAYA図書館】Pマーク返納についてCCCとの一問一答

(0) コメント | 投稿日 2016年02月10日 | 16時31分

神奈川県の海老名市立図書館の指定管理者であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が2015年11月、個人情報が適切に扱われていることを認証するプライバシーマーク(Pマーク)を返納した。しかし、海老名市では、図書館の指定管理者を募集する際に「Pマークの所持」を応募資格としていた。ハフポスト日本版では、PマークについてCCCに質問、その回答を全文掲載する。

記事を見る

【TSUTAYA図書館】海老名市立図書館の"貸出カード"を作ったら、ダイレクトメールが届くのはなぜ?

(0) コメント | 投稿日 2016年02月10日 | 16時21分

レンタル大手「TSUTAYA」や、ポイントのつく「Tカード」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者として運営する神奈川県・海老名市立図書館で、“貸出カード”を作った利用者が、「ダイレクトメールが送られてきた」とTwitterに投稿した。その背景に
何があるのか? 情報法を専門とする新潟大学法学部の鈴木正朝教授に聞いた。

記事を見る

【TSUTAYA図書館】推進派の山口県・周南市議、住民投票求める市民団体アンケートを「ゴミ箱に」

(0) コメント | 投稿日 2016年01月22日 | 04時10分

全国で「TSUTAYA図書館」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と連携、新しい市立図書館の建設計画を進めている山口県周南市で、推進派の市議が1月21日、市民団体からのアンケートを「ゴミ箱におとします」と自身のブログで“報告”した。

記事を見る

「胸のデカさに俺はキョソを失った」 大学受験の学習書にセクハラ表現

(7) コメント | 投稿日 2016年01月13日 | 01時23分

「彼女の体のユルやかなラインが僕をほっとさせる」。女性に対するセクシャルハラスメントの表現が多用された文章が、高校生も使用する大学受験の学習書に掲載されていることがわかった。

記事を見る

人口が増え続ける「日本一小さな村・舟橋村」には、"日本一子どもに優しい図書館"があった

(2) コメント | 投稿日 2016年01月04日 | 16時10分

北陸唯一の村であり、日本で最も面積が小さな村「富山県舟橋村」。近年、この村が注目を集めているのが、全国トップクラスを誇る人口増加率だ。富山市のベッドタウンとして子育て世代の転入をうながしてきたが、単に交通の便が良いというだけでは、若い家族は定着しない。一体、なぜ彼らは舟橋村に暮らすのか。その秘密は、図書館にあった。

記事を見る

【TSUTAYA図書館】海老名市立図書館サイトが他サイトの写真・文章を盗用、謝罪(UPDATE)

(1) コメント | 投稿日 2015年12月27日 | 11時53分

レンタルチェーン「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)などが指定管理者となって運営している神奈川県の海老名市立図書館の公式サイトの告知記事が、他サイトの画像や文章を無断転載したものではないかという疑惑がネット上で指摘されている。12月27日13時現在、該当ページは削除されている。

記事を見る

TSUTAYA図書館の選書問題が揺るがす「図書館の自由」 "不適切図書"は誰にとって不適切?

(3) コメント | 投稿日 2015年12月25日 | 00時04分

「TSUTAYA図書館」と呼ばれる神奈川県の海老名市立中央図書館で起きたタイの歓楽街ガイド本問題が、全国に影響を広げている。同じくCCCが指定管理者となっている佐賀県武雄市や宮城県多賀城市でも、教育委員会が図書館の選書を「確認」するという事態に。自律的に選書を行うべきとする「図書館の自由」を揺るがし事態に発展している。

記事を見る

【LGBT】同性愛者の女子高生に聞いてみた。学校や大人に何を求めますか?

(2) コメント | 投稿日 2015年12月17日 | 22時24分

LGBT(セクシャル・マイノリティ)に対する社会的理解は少しずつ深まっているが、思春期の子どもたちを預かる学校教育の現場では、環境が整っているとはいえない。彼らは今、学校や大人たちに何を求めているのだろうか。高校3年生の18歳女性で、同性愛者である「りぃな」さんに訊ねてみた。

記事を見る

「おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本」で本当に子どもは眠るのか? 世界的ベストセラーを読み聞かせてみた

(0) コメント | 投稿日 2015年12月10日 | 03時17分

4歳の女の子を育てているが、寝かしつけに悩む日々。そんなある日、ママ友からの口コミで知ったのが、「読むだけで子どもがすぐに寝る」という触れ込みの世界的なベストセラー絵本「おやすみ、ロジャー」だった。果たして、本当に我が子は眠るのだろうか?

記事を見る

フィンランドで出生率を伸ばし、児童虐待死を激減させた「ネウボラ」 つながる育児支援に日本も注目

(5) コメント | 投稿日 2015年12月05日 | 04時13分

フィンランドの「ネウボラ」と呼ばれる、妊娠期から就学前までの子育て支援が今、日本で注目を集めている。

記事を見る