BLOG

甘味を引き出す キャベツは「焼く」がおいしい新ルール

2015年12月01日 22時59分 JST | 更新 2016年11月26日 19時12分 JST

元の記事はこちら

2015-11-04-1446680066-4730821-top.jpg

料理の付け合わせやサラダなどでおなじみの「キャベツ」。生食で食べられる野菜ですが、子供にとっては味や食感を苦手に思ってしまうことも。そこでおすすめなのが「キャベツ」を「焼く」調理法。「キャベツ」をおいしく食べる新ルールで、子供たちの「苦手克服」をしましょう!

【キャベツは「加熱」でうまみがアップ!】

料理のつけ合わせやサラダなどでおなじみのキャベツ。生でも食べられる野菜ですが、子供にとっては独特の「苦み」や紙のような「食感」が苦手という声も。「子供は味覚が発達していないので、苦みを敏感に感じます。また、モソモソとした食感が苦手です」と語るのは料理研究家の祐成二葉さん。そこでおすすめなのが「キャベツ」を加熱すること。キャベツは加熱することで甘みとうまみがぐっとアップ。さらに熱によって柔らかくなるので子供にも食べやすくなります。加熱によってカサが減り、たくさん食べられるのもポイントです。

【キャベツは、かたまりごと「焼く」とおいしい!】

「キャベツ」の加熱というと「野菜炒め」が思い浮かびますが、今回おすすめするのは「焼く」。しかも、小さく切らずに、かたまりごと「焼く」のがおいしい新ルールです。キャベツのしんを利用してくし形切りにし、両面を焼くだけでOK。焼いた面は香ばしくなり、中はしっとりして甘みがアップ。2つのおいしさが楽しめるから、キャベツの新しい魅力にも出会えます。

子供も喜ぶ★キャベツステーキ★カレー味 by ママんま

カレー粉やチーズをまぶして焼けば、さらに子供の大好きな味に。料理の付け合わせにするときも、メインといっしょに焼けば、手間なしです。

「苦手克服」というと、「小さく刻む」、「すりおろす」など、形をなくす方法ばかり考えがちですが、味や調理にひと工夫すれば、丸ごとの野菜でも子供は食べてくれます。「苦手克服」テクのひとつに、加えてみてはいかがですか?(TEXT:田久晶子)

------------------------------------------

祐成二葉

2015-10-15-1444879257-2706605-e1eab429960b4e6689254850c94490bc.jpg

料理研究家。祐成陽子クッキングアートセミナー講師。雑誌やテレビなど幅広いジャンルで活躍。日常の家庭料理から世界の料理、お菓子まで、作りやすく華やかなレシピが人気。2008年に長男(hibi)を出産。 離乳食や様々なグッズ提案なども手がけている。

祐成陽子クッキングアートセミナー HPはこちら

クックパッド編集部


◆クックパッドニュースの人気記事

>>>【ママ必見】「子供の野菜嫌い」を克服するヒントとは?

>>>野菜をたっぷり食べたいなら「スープ」にするのが正解!

◆クックパッドニュースについて
クックパッドニュースは日本最大200万品のレシピが集まるクックパッドから編集部が見つけた食や暮らしのトレンド情報をお届けします。