Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

クックパッドニュース Headshot

【SNSで超話題】ご飯がすすむ魔法のおかず「無限ピーマン」って一体なんだ?!

投稿日: 更新:
印刷

元の記事はこちら
2016-08-23-1471923191-774353-1779db21a492ce5c5da2a3bd97b6732d.jpg

一年を通して手に入るピーマンですが、旬は夏! 旬の時期は栄養満点でおいしく食べられるだけでなく、価格が下がるのもうれしいポイントですよね。そんなピーマンで作るあるレシピがいま、SNSで話題を呼んでいるのをご存知ですか?

その名は「無限ピーマン」。なんでも一度食べるとヤミツキになってピーマンが無限に食べられてしまうんだとか! 一体どんなレシピなのでしょうか...編集部が実際に作ってみることにしました!

「無限ピーマン」を作ってみた!


Twitterに投稿されているレシピを参考に、早速作ってみたいと思います!

1. まずは材料と調味料を用意!

材料はピーマン10個に対して、ツナ1缶だけ! 調味料はごま油、中華顆粒だし、塩、黒胡椒です。

2016-08-23-1471923308-9647167-e84a6cdf4564d8eff10551fb6921da41.jpg

2. 縦半分に切ってへたと種を取り、ピーマンを全て千切りにします。

2016-08-23-1471923331-6561252-9a9ebdd5a9ee0c2235ef275c81f95603.jpg

3. 細さはこのくらいにしました!

2016-08-23-1471923359-9624536-dff8b1b71480ed550d6c12a42435c581.jpg

4. 耐熱容器にピーマンを入れたら、油を少し切ったツナ缶を入れて...

5. 調味料も加えて混ぜます。今回編集部は、ごま油を大さじ2、中華顆粒だしを小さじ2、塩、黒胡椒はひとつまみずつ加えて味付け!

2016-08-23-1471923385-7996837-228d1dae894d361c403dafb1bbb9ad0f.jpg

6. ラップをしたら500wのレンジでまず3分。取り出してかき混ぜ、さらに3分。ラップを開けると...いい匂い〜! これで「無限ピーマン」完成!

2016-08-23-1471923414-84150-247e6674f3947b9e5d717189ea79476b.jpg

切って、混ぜて、レンチンだけの簡単さも、きっと大人気となっているポイントですね! 暑い夏でもストレスなく作れちゃうし、使う材料も少ないから安く済む! おうちにピーマンとツナ缶があればわざわざ買い物に行くことなく作れてしまいそう♪

「無限ピーマン」でご飯も無限に進む〜!


完成してからすぐ食べたいところですが、一晩置いた方が味が馴染んで美味しいとのことなので冷蔵庫に入れ、一晩待ってからいざ、試食!

まずはそのまま...クタクタになったピーマンに、中華だしとツナの旨みが染み込んでウマ〜! ツナが入ってるから食べ応えもあり、作り置いておけば副菜としてあと一品!って時に便利かも♪

2016-08-23-1471923472-2606637-ad639abf270e537e2c694b59f486109d.jpg

お次はいよいよ、ほっかほかの白ご飯に乗せて... これは美味しい...! ご飯と無限ピーマンに伸びる箸が止まらない!! ピーマンに味がしっかりと染み込んでいるので、独特の苦味はすっかり消えています。競合の多いご飯のお供の中でも、上位に食い込むこのウマさ...みなさんにも味わって欲しいものです!

アレンジだって無限!!


「無限ピーマン」、その名の通りお箸が無限に止まらないウマさでした。食欲が落ちがちな夏、これがあればモリモリご飯も食べられるかも...! ピーマン10個は多く感じますが、レンチンするとカサが減るし、止まらないウマさなのであっという間になくなってしまいます。

作るなら多めの量が◎また、Twitterを覗いてみると塩胡椒の代わりに柚子こしょうやラー油、カレー粉で味をつけたり、ピーマンをパプリカ、ゴーヤー、茄子にしてみたりとアレンジを加える人多数!

とにかく美味しい「無限ピーマン」、みなさんもぜひ作ってみてくださいね♪

クックパッド編集部

◆クックパッドニュースの人気記事
>>>もうシナシナさせない!夏野菜「オクラ」はまるごと冷凍保存できた!
>>>【今夜のおつまみに!】キンキンに冷やした「ピーマンの氷漬け」はいかが?

◆クックパッドニュースについて
クックパッドニュースは日本最大246万品のレシピが集まるクックパッドから編集部が見つけた食や暮らしのトレンド情報をお届けします。