Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

クラウドワーキングマガジン Headshot

みんな知らない"インドのシリコンバレー" バンガロールIT旅行記(3)

投稿日: 更新:
印刷

クラウドワーキングマガジン夏休み特集企画
みんな知らない"インドのシリコンバレー" バンガロールIT旅行記(3)

フリーランスとして独立して早々世界放浪の旅にでたエンジニアの所さんがお届けするIT先進国インドの都市「バンガロール」のレポート。第3回となる今回は、バンガロールのスタートアップ企業のインタビューをお届けします!

-------------------------------------------------------

こんにちは、インド旅行中の所です!

バンガロールスタートアップ訪問の第一回目は、バンガロールで開発会社を運営する Cybrilla Technologies さん。

2010年にエンジニア2人で創業したこのスタートアップ企業には現在15人が在籍。3人の営業スタッフ以外は全員がエンジニアというエンジニアが多いバンガロールらしいプロフェッショナル開発集団です。そのバンガロールでのスタートアップの実態とは、どのようなものなのでしょうか?

Cybrilla Technologies の共同創業者の サティッシュさん(Satish Perala) と アンカルさん(Anchal Jajodia) にお話を伺ってきました!

2014-07-22-cybrillalogo.jpg

Cybrilla Technologies | Cybrilla - Agile Development, Ruby on Rails
http://www.cybrilla.com/

2014-07-22-cybrilla1.jpg

Q. どんな事業を行っていますか?

A .私たちは、大別すると2つの事業に取り組んでいます。
まず、システム提案から設計・開発・保守まで全般を行う技術コンサルティングを行っています。この事業では使用するプログラミング言語に制限はありません。解決すべき問題に対して、最も適切な技術・言語を選択します。

もうひとつ取り組んでいるのが、Ruby on Rails の開発リソースの提供です。私達はバンガロールでも有数のRubyプログラマを有する企業です。

いま、バンガロールでは多くのスタートアップと大企業がRubyを使って新たなサービスの開発に取り組んでいます。メンテナンスが難しくなってしまった古いコードをRubyに書き換えようという動きも多いです。
そうしたリプレース案件の他に新規開発も請け負っており、開発初期におけるコードは特に優れたものにしないと、後々のメンテナンスが非常に困難になるので、そういった知見の共有やテクニカルアドバイスも行っています。

Q.会社の(チームの)タイムスケジュールはどんな感じでしょうか?

A.私たちの会社はフレックス制を採用しています。バンガロールでは、多くのスタートアップやテクノロジーカンパニーはフレックス制です。

働く時間は人によりますが、大体は午前9時から午後6時まで働いていますね。プロジェクトによっては会議が行われることもあるので、そのような時期はオフィスに集まる必要がありますが、普段どこで働くかはそれほど重視していません。特にコーディング中は、ほとんどのエンジニアは家で働いていますね。

自由ではありますが、責任を伴って仕事に取り組んでもらっています。

Q. 皆さんはどうやってプログラミングのスキルを習得したのですか?

A.インドにはプログラミング教育を行う専門の教育機関( institution )やコンピュータサイエンスの大学が多く、特にバンガロールはこうした機関が多く集まっており、毎年多くのコンピュータサイエンス出身の新社会人が生まれています。また、プログラミングを知らない新入社員がプログラミングを学ぶために、こうした専門の教育機関に通うことも多くあります。

2014-07-22-cybrilla_2.jpg

Q. 英語ができないと仕事にならない? そうでもない?

A.クライアントがアメリカ系の企業であることが多いので、特にIT業界では、英語ができないと難しいです。IT業界をのぞいても、インドには多くの言語があり、特に南インドはヒンディー語(※インドの公用語)が喋れない人も多いので、英語で日常会話を行うことも少なくありません。インドにおいて、英語は公用語と言ってよいと思います。

Q. 日本だと理系男子っていう分類があるんだけど、インドではITエンジニアってモテるんですか?

A.うーん、正直あまりモテません...(笑) ただし、エンジニアの社会的ステータスは高いので、結婚相手としては人気があります(笑)
(筆者注) 女性が現実的なのは世界共通ですね...!特にソフトウェアエンジニアは給料も高く、とても人気なのだそうです。

Q. 日本のエンジニアたちは仕事中にスナックを食べたりしますが、ここでもそうですか?

A.はい。コーヒーはよく飲みますし、仕事の合間にはピザや麺類をよく食べますよ。
(筆者注) 割りとガッツリですね...! ちなみに僕が遊びに行った時には、インド流のミルクティー"チャイ"や、キュウリとトマトを輪切りにしたものを食べていました。こちらのキュウリはとても太いです、缶コーヒーくらい太いです(!)

Q. この先会社をどのようにしていきたいですか?

A.より大きく、優秀なテクノロジーカンパニーに成長させたいです。バンガロールでは、大きなテクノロジーカンパニーはまだ数えるほどしかありません。保守運用を請け負うだけの企業ではなく、独自の高い技術をもった企業に成長していきたいと考えています。

○インタビュー雑感
彼らのオフィスには何回か遊びに行きましたが、全く見ず知らずの僕にとてもフレンドリーに接してくれ、スタートアップ界隈の話や技術的な会話、時にはジョークを交えて楽しい時間を過ごしました。
また、インタビューをしている時、彼らの眼の中に強い情熱を感じたことを覚えています。僕は、こういう情熱的な人たちに会えてとても嬉しいです。いつか一緒に仕事をしたいな、そう思える人たちでした。

以上、Cybrilla Technologiesさんのインタビューをお届けしました!
バンガロールでのスタートアップインタビューはまだ始まったばかり。
次回の更新をお楽しみに! (続く)

------------------------------------------------

○著者プロフィール
所 親宏
Ruby育ちの Ruby on Rails エンジニア。趣味はタブラ演奏と旅です。
クラウドワークスプロフィール https://crowdworks.jp/public/employees/8456
公式HP http://ctokoro.me/

"働く"を通して人々に笑顔を-----------
日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」
http://crowdworks.jp

○バックナンバー
みんな知らない"インドのシリコンバレー" バンガロールIT旅行記(1)
みんな知らない"インドのシリコンバレー" バンガロールIT旅行記(2)

【参考情報】
☆今回のインタビューに際して提出していただいたヒアリングシートを以下に掲載します。記事中では割愛している部分もありますので、興味の有る方は併せてご覧ください!

- Interview
Cybrilla Technologies | Cybrilla - Agile Development, Ruby on Rails http://www.cybrilla.com/
interview to Satish Perala (co-founder) & Anchal Jajodia (co-founder)

Q. when did you start your business? and how did you meet with your co-founders?

A. we are founded at 2010 by satish & anchal.
we are last colleagues. both are engineer.

Q. how many staffs do you have now?

A. now we have 15 staffs.
3 are sales&marketing, 12 engineers.

Q. what is your products?

A. we have 2 services. http://www.cybrilla.com/services/

1. Custom Software Development
technology consulting. propose, design, build, maintanace
any language, depends on problem we are solving

2. Ruby on Rails Development
sending ruby on Rails developer. we have great ruby programmers.

We'll help you
* kick start your application development with Rails stack
first code should be good, otherwise it takes a many bugs, increasing maintainance cost.
* scale your existing Rails application
* deploy your Rails application on Cloud
* learn some of our best development practices

Nowadays, many startup and some big company try to build their product by rails.
a few company want to replace mission criical code written by PHP, Perl to ruby.

we are helping them.

Q. how is your office hours?

A. its flexible.
usually 9 am to 6 pm but depends on you.
it doesnt matter where you work in. in conding time mostly developper work in home.

but you have a responsbllity, depends on project and phase, you should be in office for meeting.

Q. is it common that company have flexible office hours in Bangalore?

A. yes. in Bangalore, many startups, technology comapany have flexible office hours.

Q. is software engineer popular for girls?

A. not much...
but for marriage, they are popular. engineer is in good status, especially software engineer.

Q. Do you have a some snacks or something sweets, at office?

A. yes. mostly coffee, pizza, noodles.

Q. generally how do they get a programming skils in there? by yourself?

A. there are so many institution for learning programming, and colleage of computer science in india, especially in Bangarole.
many fresh man went to there or graduated colleage of computer science.

Q. is it hard to working without English?

A. yes. especially IT workers need good english because of client, USA.
in India English is as a common language.
we have so many languages, some people cannot speak Hindi especially in south part of india.

Q. How will you want to be in the future?

A. we want to become big and great technology company in India.
there is few great technology companys. we want to build our own technologies not by maintenance.

--- comment of interviewer ---

I've visited their office many times, and they treated me very well. We had a nice time with some technical talks, bussiness topic, generally talks, and jokes.
And when i was interviewed to him, I felt a great passion inside of his eyes. Im very happy to see this kind of great people. I hope to work with them in someday!

他のサイトの関連記事

エアアジア・インディア、バンガロール~コチ間の運行を開始

エアアジアが9月にジャイプール、チャンディーガルへ就航

ビールブランド主催ファッションウィーク、インドで開催

Uberの強敵? 三輪タクシー配車の破壊力