BLOG

オーストラリアで子育てとクラウドソーシングのお仕事を両立!:bestworkerさん

2014年09月13日 15時51分 JST | 更新 2014年11月12日 19時12分 JST

2014-09-11-bw00.JPG

クラウドソーシングが普及した今日では、地方在住者や定年退職を迎えたシニアなど、フリーランス以外にも多くの方がオンラインで仕事に取り組んでいます。今回はオーストラリアで子育てをしながら、クラウドワーキングに取り組んでいるbestworkerさんにお話をお伺いしました。

■「プロじゃないとできない」と最初は思っていました 

--自己紹介をお願いします

オーストラリア在住のライターです。こちらに住み始めてから15年目になります。

もともとは日本の留学エージェントにて、ホームステイの手配や留学におけるカウンセリング業務などを行っていました。その後、ワーキングホリデーを経て、オーストラリアへ移住。現地でカスタマーサポートなどの仕事をしていました。子どもが生まれてからは、専業主婦となり、仕事はしていませんでしたが、子育てが落ち着いてきたタイミングでクラウドワークスの利用を開始。もともとライティング業務は未経験でしたが、今ではネーミングやキャッチコピー、Webライティングなどの様々な仕事に取り組んでいます。

2014-09-11-bw01.JPG

--クラウドワークスを利用したきっかけは?

学校に通っていた時にクラウドワークスを知りました。休職中でしたので「ちょうどいいかな」と思って登録だけしていたんです。そうしたら、お仕事の案内が定期的にメールで来るようになり、学校で習ったことが活かせそうなWebライティングのお仕事にチャレンジしてみました。その時は、まさか1年でここまで仕事を受注できるとは想像していませんでしたね。というのも、こういったライティングの仕事はプロじゃないとできないと思っていたんです。でも「経験を積みたい」という一心でお仕事に取り組むなかで、クライアントの方からもさまざまな案件をご依頼いただくようになりました。

■時間と場所を選ばず働けて、ビジネスのヒントが得られる場所

--クラウドワークスの良さはどういったところにあると思いますか?

個人的な感想になりますが、大きく3つあります。

1つは、場所を選ばず仕事ができること。

海外にいても日本のお仕事ができるということが、嬉しいです。いつかは日本でまた暮らしてみたいなと思っているので、大好きな日本の方とお仕事ができるのは楽しいですね。

また、オーストラリアにて未経験で仕事を得るのは本当に難しいと感じます。面接に行くと「経験(experience)はどのくらいある?」っていつも聞かれるんですよね。未経験の職種だと、ボランティアのような仕事からのスタートになることも多く、クラウドワークスなら報酬を得ながら経験を積める点も嬉しいです。

2つ目は、仕事をする時間のコントロールができること。

私の場合、子どもが幼稚園に行っている間や夜遅い時間しか稼働できないことも多いんです。クラウドワークスは時間が空いた時に作業をすすめられるので助かっています。

3つ目は、色々なビジネスを知れること。

クラウドワークスのお仕事一覧を見ていると色々なプロジェクトが載っていますよね。なかには、「こんな仕事もあるんだ!」と思ってしまうような案件もあり、好奇心が刺激されます。実際、自分の好きな分野の案件を請けることが多いのですが、興味がある仕事には積極的に応募していきたいですね。色々な仕事の中からビジネスのヒントを得ているので、自分でも何か事業をはじめてみたいなとも考えています。

2014-09-11-bw02.JPG

--仕事をする上で何か心がけていることはありますか?

あえて言うと、仕事を楽しいと思うことです!抽象的ですかね(笑)?

例えば、コンペではクイズやパズルの答えを出していくような感覚で仕事をしています。お客様の要望に対して、何が正解になるかを考えていく作業は苦になりませんし、知らないことを調べていくのも楽しいですね。今まで、英語、スペイン語・タガログ語・中国語・フランス語・スロベニア語などに触れてきたので、色々な国の言葉をブレンドするようなネーミングが浮かびやすいのかもしれません。それがお客様の要望にあっていれば、さらに嬉しいですね。

あとは、ライティングのお仕事では、契約前に先に記事を書いてしまって案件に応募することもあります。「これでダメならスキル不足なんで気軽に言ってください」と伝えることで、相手の求めているレベル感もわかりますし、私自身もライティングの経験を積めるので、その姿勢を大事にしています。こうしてたくさんの仕事を経験してみることで、今では「自分の好きなことや得意なことの記事なら書けるな」という自信もついてきました。

■色々な可能性を感じるサービスと出逢えて嬉しい

--今後はクラウドワークスをどのように使っていきたいですか?

ライティングだけではなく、ロゴデザインなどの仕事も請けれるようにスキルの幅を広げていきたいと思っています。またWordpressの学習も兼ねて、英語、海外生活、子育て、在宅ワークなどについて語るブログを始めました。WordPressのお仕事をするのはちょっとレベルが高いのですが、色々な経験を通じてお客様の期待に応えられるようになりたいですね。

いつか自分の事業を始めることができたら、その時は発注する側としても利用してみたいと思っています。私にとってクラウドワークスは本当に色々な可能性があるサービスだなぁと感じています。

【プロフィール】

bestworker

オーストラリア在住15年目。 クラウドワークス・ユーザー大交流会2014にて「アイデア・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。 2013年6月末から参加しているネーミング&キャッチコピーのコンペでは、プロジェクト案件を含めトータル《29案件》を採用して頂いています。 これからも頑張りますので、よろしくお願いします!



【関連リンク】クラウドワークス:プロフィール

【関連記事】

(2014年9月11日「クラウドワーキングマガジン」より転載)