ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

サイボウズ式 Headshot

サイボウズ式:【第5回】無かったことにできるしくみ──コンピューターのすごいところ

投稿日: 更新:
印刷

サイボウズのプログラマーの"プロさん"に、コンピューターやプログラミングについて聞くシリーズ「プログラミングって?」。今回は、コンピューターのすごいところについて話してもらいます。

コンピューターの機能の一つに「Undo(アンドゥ、取り消し)」がある。失敗しても"無かったこと"にできる機能だ。お絵かきアプリなどで使ったことがある人もいるかもしれないね。

一方、インターネットを見ていて前のページに戻りたい時に使う「戻る」ボタンとは似ているようで違う。どう違うのだろう。

※この連載は、毎日新聞社発行の月刊誌「NEWSがわかる」で連載している記事の転載です。

大発明の「Undo」機能


2017-05-17-1494984172-5171861-20170517_programin5_1.jpg

プロさん:みんなもお絵かきアプリで直前に描いたものを取り消したことがあるだろう。実はそれはコンピューターのすごい機能の一つなんだ。

「Undo」(アンドゥ)機能といって、直前にしたことを取り消すことができる。絵の具やペンで描き間違えてしまったら、紙だとまた描き直さなければいけないけれど、コンピューターは自動で記憶してくれているから、Undoボタンを押せば失敗してもその手前に戻ることができるんだ。

間違えても元に戻ることができるから、人間は失敗を恐れずに気楽に描けるようになったんだ。失敗をなかったことにしてやり直せるなんてすごい機能だよね。

「取り消し」と「戻る」は違う


2017-05-17-1494984194-4688566-20170517_programin5_2.jpg

やってしまったミスを取り消すUndoボタンと似ているボタンがある。それが「戻る」ボタンだ。一見、同じだと思うだろう。でも、戻るボタンは直前の操作をなかったことにはできないんだ

インターネットでショッピングをしていて、購入ボタンを押したあと、やっぱり違うものにしようと思って戻るボタンを押しても、それは前のページに戻っただけ。購入したことをキャンセルすることにはならないんだ。「戻る」は「取り消し」ではないということだよ。英語で言うとUndoではなく「Back」だね。

前のページに戻るボタンと、お絵かきアプリのUndoボタンは、その働きや意味が違うんだ。

(転載元:ニュースがわかる・発行:毎日新聞社/イラスト・斉藤恵/cサイボウズ/毎日新聞社 2017)

2015-07-22-1437549096-3034502-cybozushikiLogo150.png

サイボウズ式」は、サイボウズ株式会社が運営する「新しい価値を生み出すチーム」のための、コラボレーションとITの情報サイトです。

本記事は、2017年5月8日のサイボウズ式掲載記事サイボウズ式:【第5回】無かったことにできるしくみ──コンピューターのすごいところより転載しました。

【関連記事】
【第1回】 プログラミングってなんだろう?
【第2回】プログラムで動くもの──ごはんを炊く炊飯器もプログラミングで?
【第3回】人間を支えるプログラム──プログラミングって?
【第4回】スマホはどういう仕組みになっている?──スマホのなかのこびとたち