Emily Peck
Emily Peckさんの最新投稿情報を受け取る
 

Emily Peckさんによる記事一覧

Facebook、家族の看病で6週間の有給休暇 シェリル・サンドバーグCOO発表

(0) コメント | 投稿日 2017年02月09日 | 19時13分

「家族の世話をしたり、死を悲しんだりする時にも時間は必要ですから」

記事を見る

Facebook、偽ニュース対策を発表 「真偽がはっきりしない」警告を表示する機能を追加

(0) コメント | 投稿日 2016年12月16日 | 15時20分

「Facebook社は、ようやく偽ニュース問題を受け入れる意向を示した」

記事を見る

「従業員の結婚式費用、会社が負担します」アメリカの企業が新しい福利厚生に挑戦

(0) コメント | 投稿日 2016年06月05日 | 15時33分

「Boxed」のチー・フアンCEOは、従業員手当の1つとして、従業員が結婚式を挙げる時に会社が最大で2万ドル(約210万円)までの費用を負担すると発表した。

記事を見る

男女の収入格差、本当の原因が分かった(研究結果)

(0) コメント | 投稿日 2016年04月01日 | 14時54分

それは学歴や経験ではない。

記事を見る

Facebook、社員の満足度が「最高」のわけは?

(1) コメント | 投稿日 2016年03月05日 | 10時05分

満足度は最高。ストレスレベルは、最も低い。

記事を見る

「長時間働くな、良く眠れ、そして旅に出よ」お金を出して社員に旅行させる理由、CEOが明かす

(3) コメント | 投稿日 2016年02月01日 | 12時44分

夏の間は週4日30時間労働。

記事を見る

育休してたザッカーバーグ氏の「シンプルすぎるワードローブ」がすごい。

(0) コメント | 投稿日 2016年01月29日 | 09時06分

オバマ大統領もスティーブ・ジョブズ氏も、ワードローブは超シンプル。

記事を見る

Facebook・ザッカーバーグCEOの育児休暇取得は、なぜ女性にとって朗報なのか

(2) コメント | 投稿日 2015年11月28日 | 14時05分

アメリカの若きビリオネアは、男性の育児休暇に対しての世間の考え方も変えるか。

記事を見る

Facebook重役キャロリンの成功を支える、夫の揺るぎないサポート

(1) コメント | 投稿日 2015年08月27日 | 10時36分

アメリカ・ニュージャージー州モントクレアの裏庭、春のとある平日の午後に、ダグ・エバーソンはいつものように犬のフンの掃除をしていた。

記事を見る

「謙虚な経営者」アメリカで次々と頭角を現す理由とは?

(1) コメント | 投稿日 2015年08月18日 | 11時57分

Googleの新CEOに就任するサンダー・ピチャイ氏は「控えめで慎み深い人」だ。いま、アメリカではこういった謙虚な経営者に熱い視線が注がれている。

記事を見る

アメリカの大企業には女性幹部がほとんどいない(調査結果)

(0) コメント | 投稿日 2015年07月06日 | 16時25分

2人の女性が大統領選への出馬を表明しているアメリカは、女性の社会進出も進んでいるように思えるかもしれない。しかし、アメリカの大手企業の幹部層では、女性はまだ少ないのが現状だ。

記事を見る

育児ストレスをお金に換算したら1年で800万円だった

(5) コメント | 投稿日 2015年06月17日 | 13時30分

子供が18歳になるまでに住宅費や食事、教育費などにかかる費用は約3758万円にもなるという。しかしこれ以外に、子育てにはストレスが発生する。この「子育てのストレスを解消するためコスト」を計算した研究が発表された。

記事を見る

アメリカでは育児をする専業主夫が190万人いる(調査結果)

(3) コメント | 投稿日 2015年05月18日 | 12時25分

男性が主夫となって子供の世話をすることは、少し前まではとても珍しいことだったが、2014年には推定190万人の男性が、主夫として育児をしていたということが分かった。

記事を見る

家庭を優先するのは、母親よりも父親(アメリカではそうなりつつある)

(0) コメント | 投稿日 2015年05月12日 | 22時02分

「ハリス・インタラクティブ」と「アーンスト・アンド・ヤング」が行ったアンケートによると、アメリカの働く父親たちは仕事と家庭を両立させるために仕事を犠牲にする傾向が、女性よりも高かったという。

記事を見る

働く女性の割合が1位のフランス 理由は「手厚い子育て政策」

(0) コメント | 投稿日 2015年02月24日 | 13時36分

アメリカのキャリアウーマンはかつては世界をリードする存在だったが、「2015年大統領経済報告」によると仕事を持つアメリカ人女性の割合は1990年以降ゆるやかに下降している。一方で1位に躍り出たのはフランスだ。

記事を見る