Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

Engadget 日本版 Headshot

「実質0円、やめます」 docomo社長が明言 値上げはいつから?

投稿日: 更新:
KAORU KATO DOCOMO
Kaoru Kato, president and chief executive officer of NTT Docomo Inc., speaks during a news conference unveiling the company's new smartphones in Tokyo, Japan, on Wednesday, Sept. 30, 2015. Docomo, Japans largest mobile-phone carrier by subscribers, introduced 10 smartphone models today. Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg via Getty Images | Bloomberg via Getty Images
印刷

NTTドコモの加藤薫社長が2015年度第三四半期決算発表の場で、長期契約による割引を受けられる一方、途中解約の場合には違約金を課せられる、いわゆる『2年縛り』について、2016年3月頃を目処に無料解約期間を2ヶ月に延長すると明言しました。

加藤社長は、2年縛りについて『これまで有識者を交えて検討してきた。特に25ヶ月目の部分。自動更新の部分で、2年縛りを継続するかしないかを決められる期間が1ヶ月しかない。

これを2ヶ月の幅にする。3月ごろから開始するが、決定し次第案内する』と発言。
3月を目処に、無料解約が可能な期間をこれまでの1ヶ月から2ヶ月に延長すると表明しました。

また総務省などから問題視されている、スマートフォンなどの本体価格の行き過ぎた値引きについても言及。

『2月1日から0円以下での販売(いわゆる実質ゼロ円)は慎む』と明言。また実質ゼロ円の廃止は最新モデルに限らず、在庫となっている旧モデルも含めるとしました。

2016-01-30-1454118083-4788830-DSC068651.jpg

なお実質ゼロ円の廃止にあたっては、端末購入や回線契約が成立した際に販売代理店に支払われる「販売奨励金」は減らさずに、毎月の通信料金から端末価格の一部を割引く「月々サポート」で値上げ幅を調整する方針。

一部報道では1万円程度の値上げとも伝えられていますが、具体的な値上げ幅については明かされませんでした。

実質ゼロ円廃止による販売台数への影響については、『少し減る傾向があるとは思うが、それをできるだけ極小化したい』と述べました。

(2016年1月29日 Engadget日本版「NTTドコモが『実質0円』を2月1日に廃止、『2年縛り』無料解約期間も2ヶ月へ延長。加藤社長が明言」より転載)

【関連記事】 写真をクリックするとスライドショーが開きます
Close
NTTドコモ ドコッチ ハンズオン
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

他のサイトの関連記事

ASCII.jp:2016年にスマホの"実質0円”はなくなる? そして格安SIMは ...

スマホ価格は1万円値上がりか 「実質0円」見直し状況報告

ドコモ、来月からiPhone 6s値上げ 「実質0円」撤廃 KDDI、ソフトバンクも追随へ

実質0円終了へ…ドコモなどiPhoneを1万円値上げと報道