Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

Engadget 日本版 Headshot

Google自動運転車がもらい事故 最も大きな事例でも、お決まりのコメントを発表

投稿日: 更新:
印刷

googleaselfdrivingcar

Googleがテスト中の自動運転車が、信号のある交差点で事故を起こしました。自動運転車が青信号で交差点に新入したとき、そのレクサス RC 450hの右側面に、信号無視のバンが突っ込んだ模様で、写真からはレクサスのドアが大きく破損した状況が確認できます。

幸いにも双方の搭乗者には怪我はなかったとのこと。

この事故は、過去にGoogleの自動運転車が経験した事故の中では、もっとも大きな事例のひとつと言えそうです。これまではだいたい赤信号で停車したところに追突される例が多く、破損もほとんどが軽微なものでした。

Googleによると、自動運転車"自動運転モード"になっており、信号が青に変わってから6秒後に交差点に進入したとのこと。つまり、過失の大半は信号を無視(または見落と)したバンの側にあることは明白と言えそうです。

Googleは「都心における交差点での交通事故は94%がヒューマンエラーによるものだ。我々が自動運転車を開発するのはそのような道路をより安全にするためだ」と、お決まりのコメントを発表しました。

ちなみに、Googleの自動運転車ももらい事故ばかりではなく、過去には加害事故を起こしています

進行方向にある障害物を避けようとして後方から来たバス側面に接触したこの事故について、Googleは「AIがバスが減速すると判断したため」と釈明していました。

ヒューマンだろうとマシンだろうと、事故は「判断ミス」が生じた際に起こるというのが正解ではないかという気もします。

ただ、マシンの場合はひとたびソフトウェアを修正すれば同じミスをしない(はず、な)だけ人間よりは有利かもしれません。もちろん、故障しない機械(ハードウェア)が存在しないことは覚えておく必要がありますが。

(2016年9月25日 Engadget日本版「Google自動運転車がもらい事故、信号無視の相手が横から衝突。Google曰く「事故はヒューマンエラーで起こる」」より転載)

【関連記事】