BLOG

Google、Chromebookを法人向けに日本発売

2014年07月14日 14時09分 JST | 更新 2014年09月12日 18時12分 JST
Engadget 日本版

Googleが、国内向けにChromebookおよびChrome管理コンソールの提供を開始しました。Chromebookは、企業や、教育機関などいわゆる"法人向け"に提供されるもので、個人向けの販売は予定されていません。

端末は、Acer、ASUS、Dell、HP、東芝の5社から提供される予定で、Acerが7月、ASUSが8月、HPが9月、DELLと東芝は近日各社より発表するとのこと。販売価格については触られていませんが、米国では200〜300ドルで提供されいます。また、各社がどの機種を国内で提供するかについても触られていません。

Chromebookは、Chrome OSを採用するノートパソコン型のデバイス。一般的な汎用OSより「安全、高速、快適」な利用環境を実現するコンピューティングと謳っており、ウェブアプリケーションによる最適化が特徴。

2014-07-14-CIMG0151chromebooks.JPG

Googleは、ChromebookおよびChrome管理コンソールの提供について発表会を開催。発表会場では、AcerのC720、ASUSのC200、C300が展示されていました。いずれもインテルCPUのHaswell世代のCeleronを搭載したChromebook。

AcerのC720の主な仕様は、11.6型 1366 x 768 解像度、Celeron 2955U(2コア2スレ、1.4GHz)、2GB RAM、16GB SSD、802.11 a/b/g/n/、Bluetooth 4.0、バッテリー 8.5時間、1.25kg。価格は米国で199ドル。

ASUSのC200、C300の主な仕様は共通で、1366 x 768 解像度、Celeron N2830 プロセッサ(2コア2スレ、最高2.41GHz)、2GB RAM、16GB 内蔵ストレージ、802.11 a/b/g/n/ac WiFi (デュアルバンド対応)、Bluetooth 4.0、バッテリー 11時間。

本体サイズはC200 が11型で、重量が1.125kg。C300 が13型で、重量は1.395kg。価格は米国で244.99ドルから。

2014-07-14-CIMG0202chromebook.JPG

2014-07-14-CIMG0209chromebook.JPG

(2014年7月14日Engadget日本版より転載)

【関連記事】