BLOG

LINEにGoogleマップ・メルカリ… まだiPhone Xに最適化されていないアプリはどう映る?

iPhone 5やiPhone 6 / Plus発売直後を思い出します。

2017年11月08日 11時11分 JST | 更新 2017年11月08日 11時11分 JST

11月3日、ついにiPhone Xが発売されました。

iPhone Xの最大の売りとも言える、縦長大画面の視認性を享受するには、アプリがiPhone Xに最適化されている必要があります。そうでないアプリには、上下に黒帯が表示されてしまいます。

筆者が常用するアプリでは、FacebookやFacebook Messenger、Twitter、Instagram、スマートニュース、Google Photoが、11月3日発売時からiPhone Xの縦長表示に対応していました。一方、LINEやGoogle Map、メルカリは、記事執筆時点(11月7日午後1時半)でも縦長表示には非対応です。

Engadget日本版

▲意外にもアップルのライバル、MicrosoftのExcelアプリは早々に縦長表示に対応

Engadget日本版

▲ビジネスチャットの雄、Slackは最適化されていた

Engadget日本版

▲ニュースアプリのスマートニュースも最適化されていた。縦長表示はやっぱり見やすい

Engadget日本版

▲Google Map・Gmailはまだ最適化されていない

Engadget日本版

▲LINEも最適化されていなかった

iPhone Xで最適化されていないアプリを使っていると、さながらiPhone 5やiPhone 6 / Plus発売直後を思い出します。当時も新しい解像度に対応するアプリが出揃うまでに時間がかかりました。

もちろん動作に支障はないのですが、縦長のほうが視認性が高いのは確か。また、上下に黒帯があると、傍からはiPhone Xだとは気づかれにくく(=iPhone 8と見分けがつきづらい)自慢できないという事情もあるので(違)、iPhone Xユーザーとしては、早めの対応を願うばかりです。

(2017年11月6日 Engadget日本版「まだiPhone Xに最適化されていないアプリたち。LINEにGoogleマップ・メルカリも」より転載)

【関連記事】