Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

Engadget 日本版 Headshot

レーザーで距離を測る「スマートペン」が登場(動画・画像)

投稿日: 更新:
印刷

2017-02-05-1486258212-229822-00copy.jpg

複雑な形状のモノのサイズを測れるペン「01」(ゼロワン)。クラウドファンディングで話題になった本製品の国内販売が始まりました。

「01」は、InstruMMentsが開発したペン型のデバイスです。ペンの上部にあるローラーがホイールメジャーとしての機能を備えており、ここを転がすだけで、複雑な曲面など、従来は測りづらかった空間や物体の寸法を測定できます。距離精度は0.1mm単位。

測定点を指し示すレーザーポインターを内蔵しており、ポインターを基準にローラーを転がすことで正確な測定が可能である、とアピールします。

2017-02-05-1486258401-3876801-01.gif

さらに、スマートフォンとBluetoothでペアリングし、専用アプリを通して計測データを転送。表示や記録が可能です。細かな計測値を忘れてしまったり、メモした紙をなくしたといったトラブルが防げるのみならず、写真も添付できるため、計測した物体をわすれてしまう、といったトラブルを防げます。

また、縦・横・高さの値からそれらを計算できるため、面積や容積の算出することも容易です。さらに記録後の計測データの単位は、センチメートルをはじめ、インチやフィートなどへの変更も可能。さまざまな業界や局面で使えます。

さらに、測定結果などをSNSにシェアできる点も売りにします。

2017-02-05-1486258517-2326051-MM101S305011_02.jpg

ペン先は「通常のペン」「ペンシル」「スタイラス」の3種類を用意しますが、ペン先だけを入れ替えることはできません。また、通常のペンタイプの書き味について開発元のInstruMMentsは『高級ボールペンに比べても遜色がない』と胸を張ります。

2017-02-05-1486258584-9858598-04.gif

日曜大工やインテリアの変更から、ちょっとした長さの測定まで、地味に役立ちそうな「01」は、SoftBank SELECTIONのオンラインショップや東京・二子玉川の蔦屋家電で販売中。本体価格は税込1万7280円です。

製品の詳細はこちらも記事もご覧ください。

ローラー距離計つきスマートペン「InstruMMents 01」。どんなところも測定、スマホで記録・共有

【関連記事】

(2017年2月3日 Engadget日本版「「寸法を測れるペン」が日本で販売開始、税込1万7280円。内蔵ホイールメジャーで計測しスマホアプリで記録」より転載)