BLOG

Twitter、ツイートに「読まれた回数」の表示を実験中

2014年03月24日 20時40分 JST | 更新 2014年05月24日 18時12分 JST

te

予告なしに小さな仕様変更を実験しては対象ユーザーをぎょっとさせる Twitter の話題。一部のユーザーが、自分のツイートに「読まれた回数 (view)」の表示が現れたと報告しています。

[Image credit: Lydia J, Twitter]

上の画像は、リンク先の Lydia J氏 (@Latina_Turner_3)が iOS アプリで自分のツイートを表示した画面。リツイート数でもFavorite数でもなく、13 " views" の表示があります。

ツイッターはこれまで広告出稿者に対してはプロモーションツイートの表示回数(インプレッション)が見えるようにして来ましたが、一般ユーザーのツイートについては、ご存知のとおり本人でもビューカウントは見えず、反響はリツイートやお気に入り、リプライの数で測られています。

Twitterは今回の実験導入 (なのか何らかの手違いなのか) についてコメントしておらず、このツイートビュー数表示が広く導入されるのか、されるとして外から見えるのか本人だけが見えるようにするのか etc はさっぱり分かりません。

RTやふぁぼ数と比例しないかたちの露出、たとえば埋め込みなど、ブラウザでログインしていないユーザーは反射的にリツイートできない場合 etcを測る効果はありそうですが、リツイートやお気に入りはしたいが自分のフォロワーに堂々と見せるには憚られる「心の人気ツイート」が分かりやすくなるかもしれません。

【関連記事】

(2014年3月24日Engadget日本版より転載)

2013年に日本で盛り上がったツイート(月別)

 

「Twitterの2013年」と「ゴールデンツイート」