1日7時間勤務やコアタイムなしのフレックス制も。味の素が進める「働き方改革」とは?

2016年12月15日 00時00分 JST | 更新 2016年12月15日 00時16分 JST
Sappington Todd via Getty Images
Portrait Of A Smiling Businesswoman At Office

2016年10月、味の素が2020年度に所定労働時間を1日あたり7時間に短縮する方針であることが報道されました。実は、味の素ではそれを可能にする「働き方改革」がなされています。働き方改革とはどんなものなのか、早速見ていきましょう。


職場一体となって取り組む「5S活動」


2016-12-05-1480920765-4334934-01.jpeg

2016-12-05-1480920797-1657438-02.jpeg

企業分析・研究レポートで、「オフィスがきれい」と答えた人が77%に達した味の素。これには、同社が推進している「5S活動」が影響していると考えられます。この「5S」とは、次に挙げる5つの言葉の頭文字を取ったもの。

(1)整理(Seiri)

(2)整頓(Seiton)

(3)清掃(Seisou)

(4)清潔(Seiketsu)

(5)躾(Sitsuke)

整理、整頓、清掃のサイクルを繰り返すことで清潔を維持し、これらを習慣化する(躾)という活動です。業務時間内に「5Sの時間」を定期的に設け、各職場一体になって進めています。この5Sは、単にオフィスをキレイに保つだけでなく、業務のスピードを上げ、生産性の向上につなげることが目的。これも、味の素が精力的に進めている「働き方改革」のひとつなのです。


ワークライフバランス向上のため、次々と新制度を導入


2016-12-05-1480920832-8995578-03.jpeg

2016-12-05-1480920861-1818698-04.jpeg

2016-12-05-1480920890-1345288-05.jpeg

味の素の企業分析・研究レポートを見ていくと、回答者の平均勤務時間は9〜10時間。また、回答者の平均有給消化率は60〜80%となっています。

味の素では、2012年度以降にワークライフバランス向上の取り組みが本格化。多様な働き方を実現すべく、「働き方改革」がスタートしました。2014年度からは、働き方に関する新制度を導入し、早朝型勤務を促進しています。


▼味の素が取り入れた新制度

・スーパーフレックスタイム

一部の従業員を除き、効率的な業務遂行、ワークライフバランスの向上を目的として、コアタイム(必ず勤務しなければならない時間帯)を設定しないフレックスタイム制度を導入しています。

・在宅勤務制度

対象となる業務を行っており、会社が認めれば、最大週2日までの在宅勤務が可能です。

・時間単位有給休暇

1時間単位で有給休暇を取得できます。

・裁量労働制

2016年4月から裁量労働制を導入しました。

・所定労働時間の短縮

2017年4月より、1日あたり7時間35分だった所定労働時間を、7時間15分に短縮予定。2020年度には1日あたり7時間にする方針を示しています。

・「働き方計画表」を活用

月別の残業時間や有給休暇取得日を事前に計画し、定期的に振り返りを行うためのツールが「働き方計画表」です。これにより、自分自身の働き方を主体的にデザインし、効率的に働けるように促しています。


ワークライフバランスの取れた働き方ができる理由は…?


2016-12-05-1480920930-8646049-06.jpeg

2016-12-05-1480920960-6096041-07.jpeg

企業分析・研究レポートによると、味の素の社員・元社員の「社員の定着性への納得度」は85点と高得点。社員・元社員たちはどんなことを思いながら働いているのか、クチコミを見ていきましょう。


■味の素の社員の声はこちら

[40代 / 女性 / 現社員(非正社員) / 専門サービス系]

【仕事とプライベートとの両立について】休みが取りやすい。家庭を持っている人がほとんどなので前持って言っておけば取れる。病気で半休取ったり、午後から来たり出来るので、長く続けられると思うし、ほとんどの人が長く勤めている。辞める人はすぐに辞めるので、職場があうかあわないかで違うと思う

[40代 / 男性 / 元社員(正社員) / 企画・事務・管理系]

【仕事とプライベートとの両立】ライフアンドワークライフバランスは、大変意識されています。人に優しいです。

[30代 / 男性 / 元社員(正社員) / 営業系]

若いときでもきちんとした考えと段取りが説明できれば、自分のやりたい様にどんどんやらせてもらえ、任せてもらえることが多い。厳しい中に思いやりのある先輩、上司も多く、人を大切にする社風を感じる。また、仕事はグローバルに広がっており、キャリアアップとしての幅も広げられる環境であるので、自分を鍛える意味でも、魅力的な職場も多い

[20代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 企画・事務・管理系]

【有給休暇は取得しやすい環境か】直属の上司に口頭で伝え、勤務実績にそのまま登録すればいいので比較的取りやすいです。

[20代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 医薬・化学・素材・食品系専門職]

【意見を言い合える環境か】理由や考え方が説得力のあるものであれば、立場などは関係なく、意見を言い合える環境であると感じました。

クチコミで目立ったのは、社内の風通しのよさ、上司や先輩、同僚の人柄のよさを挙げるもの。ワークライフバランスの取れた働き方を可能にしているのは、こういった風土かもしれませんね。


いかがでしたか?今回は味の素の「働き方改革」に迫ってみました。自分が働く会社にもぜひ取り入れてもらいたい!という取り組みもあったかもしれませんね。味の素では、女性活躍も推進しており、出産・育児支援制度も充実しているようです。気になる人はこちらからクチコミをチェックしてみてくださいね。

★味の素の「カイシャの評判」はこちらから!


【関連記事】


【関連リンク】

女性の転職ならエン・ジャパン

土日祝休みの女性歓迎の転職・求人情報

18時までに退社可能の女性歓迎の転職・求人情報

平均年齢20代の女性歓迎の転職・求人情報