Huffpost Japan
エン・ジャパン Headshot

子どもを持つ女性の就業率は52% 正社員率はたったの◯% 【なぜ?】

投稿日: 更新:
WORKING MOTHER
Businesswoman and child holding hands, blurred motion | Eric Audras via Getty Images
印刷

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する主婦・ママ向けのお仕事まとめサイト『女の求人マート』( http://womanmart.en-japan.com/ )上でサイトを利用している子どもを持つ女性639名を対象に「仕事」についてアンケート調査を行いました。以下、概要をご報告いたします。

調査結果概要

経済協力開発機構が発表した「雇用アウトルック2015」によると、25~54歳の日本女性の就業率は71.8%で前年から1ポイント上昇しました。女性の就労を促進する政策がM字カーブ解消の一助になったと考えられますが、女性の就業率はOECD加盟34カ国中24位で依然として低水準です。特に出産を機に退職するケースが多いことが課題視され、今回の子どもを持つ女性に対する調査でも就業率は52%、正社員比率は8%に留まることが分かりました。子どもを持つ女性が働いていない理由の第1位は「自分に合う仕事が見つからない」ことで、望んでいる働き方は7割の方が「家事や育児などプライベートと両立できる程度で働きたい」と回答しました。家事や育児のために仕事の制約がある女性が働くには、「自宅から近い職場」 や「残業なし」、「時短勤務」など、制約条件に「合う」仕事を提供していくことが必要と言えそうです。

調査結果詳細

1:子どもを持つ女性の就業率は52%、正社員比率は8%。(図1・図2)

子どもを持つ女性の就業状況(仕事の有無)は、52%の方が「仕事をしている」と回答。25~54歳女性の就業率71.8%と比較しても、子どもを持つ女性の就業率はさらに下がることが分かります。正社員比率は8%(20~39歳:18%、40歳以上:4%)で、もっとも多い雇用形態は、「パートアルバイト」で62%(同55%、65%)、次いで「派遣社員」で17%(同11%、19%)でした。

【図1】あなたは今、お仕事をしていますか?

2015-08-03-1438592773-2213482-1thumb605x2422695.png

【図2】お仕事をしている方の雇用形態は、なんですか?

2015-08-03-1438592829-4832151-2thumb605x2952698.png

2:子どもを持つ女性が働いていない理由は、「自分に合う仕事が見つからない」。望む働き方は、7割が「家事や育児などプライベートと両立できる程度で働きたい」と回答。(図3・図4)

仕事をしていない方に「お仕事をしていない理由はなんですか?」と伺うと、第1位は61%の方が選択した「自分に合う仕事がみつからない」でした。20~39歳の世代では、「子どもと過ごす時間を大事にしたい」(全体:30%、20~39歳:43%、40歳以上:22%)「子供を預けられる保育園が空いていない」(同10%、25%、2%)と子どもに関する理由が上位に挙がっています。「働きたくない」という回答は1%に留まり、希望の条件に合う仕事があれば、働きたいと思っている方が多いことが分かります。望んでいる働き方は「家事や育児などプライベートと両立できる程度で働きたい」が68%でもっとも多く、次いで「家計の足しになる程度で働きたい」が18%という結果になりました。子どもを持つ女性は、家庭を第一優先とした働き方の実現が重要になるため、女性就業率の向上には「自宅から近い職場」 や「残業なし」、「時短勤務」など、制約条件に「合う」仕事を提供していくことが必要と言えそうです。

【図3】お仕事をしていない方に伺います。お仕事をしていない理由はなんですか?(複数回答可)

2015-08-03-1438593029-6924148-3thumbautox7952701.png

【図4】お仕事をしていない方は、今後仕事をする場合、どのような働き方を希望しますか?

2015-08-03-1438593141-5941402-4thumb605x3462704.png

3:子どもを持つ女性の働く目的は「家計」と「社会とのつながり」「自分の時間」。(図5・図6)

仕事をしている方に「お仕事をしている理由はなんですか?」と伺うと、圧倒的に多かったのは「家計のため」(86%)で、「社会とつながりをもつため」(40%)が続きます。男性の平均年収も減少の一途を辿り、家計を支えるために働く女性が多いようです。世代別で変化が見られたのは、40歳以上のポイントが高い「生活にメリハリをつけるため」(全体:39%、20~39歳:29%、40歳以上:42%)、20~39歳のポイントが高い「育児や介護から離れた時間を持つため」(同:19%、31%、15%)の2項目です。また、「今後もお仕事を続けたいと思いますか?」という問いには、すべての世代で6割の方が「生活の変化(出産・結婚・配偶者の転勤など)に関わらず、続けたい」と回答しており、現在働いている方の仕事意欲は高いことが分かります。

【図5】お仕事をしている方に伺います。お仕事をしている理由はなんですか?(複数回答可)

2015-08-03-1438593295-4902116-5thumbautox6742707.png

【図6】お仕事をしている方は、今後も続けたいと思いますか?

2015-08-03-1438593396-7001790-6thumb605x3042710.png

【調査概要】
■調査方法:インターネットによるアンケート
■調査対象:『女の求人マート』( http://womanmart.en-japan.com/ )を利用する子どもを持つ女性 639名
■調査期間:2015年6月25日~7月1日

▼主婦・ママ向けのお仕事まとめサイト
『女の求人マート』 http://womanmart.en-japan.com/
急速な少子高齢化に伴う労働人口減への対応策として期待される「女性のM字型カーブの解消」。 家事や育児と仕事の両立を目指す女性のために、残業なしの家近求人や、時短勤務求人などの手が届きやすい求人の発見性を高めてご紹介する求人サイトです。

▼プレスリリース ダウンロード 20150729_女の求人マート調査(仕事).pdf

【関連記事】

他のサイトの関連記事

子育てママ在籍中の女性歓迎の転職・求人情報-エン転職WOMAN

主婦の仕事探し|出産後に再就職するためには -エンジャパンの[en]転職大辞典

時短勤務って何?|育児と仕事を両立させるための豆知識 -エンジャパンの[en]転職大辞典

マタハラとは?|原因と対策方法を考えよう。 -エンジャパンの[en]転職大辞典