BLOG

香川真司、イギリス記者が選ぶ上半期の「期待はずれ」メンバーに選出される

2014年02月02日 02時56分 JST | 更新 2014年04月02日 18時12分 JST

マンチェスター・イブニング・ニュース紙のアントニー・モウル記者が24日、スカイスポーツのサッカー番組内で、今季のプレミアリーグ前半戦で振るわなかった8選手の一人にマンチェスター・ユナイテッドの日本代表MF香川真司を選出した。

kami

今季のプレミアリーグ前半戦で振るわなかった8選手の一人に香川真司の名前が...

マンチェスター・イブニング・ニュース紙のアントニー・モウル記者が24日、スカイスポーツのサッカー番組内で、今季のプレミアリーグ前半戦で振るわなかった8選手の一人にマンチェスター・ユナイテッドの日本代表MF香川真司を選出した。

■「10試合に満たなかった選手の一人で、期待外れだった」

昨夏マンチェスター・ユナイテッドに加入したベルギー代表MFマルアヌ・フェライニも選出したモウル氏は、香川を次のように評している。

「ユナイテッドでフェライニの他に期待外れだったのは、自身の持つ卓越した技術を見せられなかった香川だろう。昨季開幕前にポール・スコールズの後釜として、他の強豪の司令塔、シルバ(マンチェスター・シティ)、マタ(マンチェスター・ユナイテッド)、ウィルシャー(アーセナル)に匹敵する選手として活躍が期待されたが、それら3選手と張り合うことはおろか、試合のカギを握る選手になれず、ピッチ上をあてもなくさまよった。

上半期のリーグ戦出場数が10試合に満たなかった選手の一人で、期待外れだった」

一方、モウル氏は今冬の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドのクラブ史上最高移籍金額3700万ポンド(約63億円)でチェルシーから加入したスペイン代表MFファン・マタも挙げており、

「過去2シーズン連続でチェルシーの年間最優秀選手に選ばれたマタだが、今季前半戦はモウリーニョ監督に干され、出場した試合でも実力を発揮できなかった。おそらく、移籍が復調のきっかけとなるかもしれない」と解説した。

同紙は前述の3選手以外に、アルゼンチン代表MFエリク・ラメラとスペイン代表FWロベルト・ソルダド(共にトッテナム)、ベルギー代表FWクリスチャン・ベンテケ(アストンビラ)、イングランド代表GKジョー・ハート(マンチェスター・シティ)、オランダ代表GKマールテン・ステケレンブルク(フラム)を選出している。

マンチェスター・ユナイテッドVSサンダーランド 1/22