ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

新潮社フォーサイト Headshot

【ご報告】「脱毛エステ記事」への「抗議文」と「回答書」を公開!--内木場重人

投稿日: 更新:
印刷

6月21日、「『解約殺到』でも『奇っ怪買収』で拡大する『脱毛エステ』の危うさ」と題する記事をアップロードしたところ、アクセスも集中し、大きな反響をいただいた。改めて、この種の問題への読者の方々の関心の高さを実感した。

アップ後、同記事のなかで各種の問題点を指摘した当該企業であるシステム開発会社「RVH」社の代理人弁護士より、フォーサイトを運営する株式会社新潮社の代表取締役佐藤隆信と監査役許斐義信に対し、「通知書」なる文書が届いた。日付は、6月22日付。

「本件記事は、以下の通り、当社の信用を違法に毀損するものであると言わざるを得ません」

とし、5項目にわたって記事中の記述について指摘をしたうえで、

「本件記事の上記の点を直ちに修正し、謝罪広告を掲載することを求めます。(中略)貴社が当社の要求に応じない場合には、法的措置を採らざるを得ない場合もあります」

と結んであった。記事に対する抗議である。

無論、筆者および編集部としては、当該記事の内容には絶対の自信を持っており、「通知書」で指摘された内容にはまったくいわれがないと考えている。当該記事にも記述してあるが、破綻した後に「RVH」社が買収した脱毛エステ大手「ミュゼ・プラチナム」について、筆者は2年前に4回報じ、その後も継続して取材を続けていた。

その旨を「回答書」として文書にまとめ、5項目すべてに対して詳細な反証を示し、先方が指定していた回答期限(文書到着から7日以内)までに代理人弁護士宛送付した。

通常、公開された記事に対する抗議などは、執筆者および編集部宛になされる。ご覧いただいてお分かりの通り、当該記事は筆者の氏名を掲げており、筆者がフォーサイト編集長であることも掲示してある。が、筆者及び編集部宛には何らの抗議も行われず、編集現場を統括しているわけではない代表取締役と監査役宛に「通知書」が届けられた。長年編集現場を経験してきた者として初めてのケースであり、奇異な印象を受ける。

異常な株の出来高


それはともかく、当該記事で指摘した事項は特殊な問題でもあるため、一読して理解しづらい部分もあったかもしれない。その理解の一助にもなるのではと考え、今回、「RVH」社代理人から届いた「通知書」と、筆者名で送付した「回答書」をそれぞれ全文、公開することにした。抗議の指摘とそれに対する反証をお伝えすることも、当該記事の延長線上にある報道であると考えた次第である。是非の判断は、読者に委ねたい。

さらに公平を期す意図で、取材の過程で「RVH」社宛に筆者が送った「質問書」と、それに対する同社からの「回答書」(ただし、これはメール)も併せて公開したいと思う。

「通知書」のなかで、せっかく回答したのに記事中には反映されていない、との指摘もあったため、その是非の判断も敢えて公開して問いたいと思った次第である。

それぞれの全文は、下記のリンクからご覧ください。一部、個人情報にかかわる部分は黒線で伏せてあります。

ちなみに、筆者の「RVH」社への内部取材もいよいよ佳境を迎え、「質問書」を送付した前後、東証2部上場企業である同社の株価は異様な動きを見せていた。6月15日までの少なくとも1カ月間は10万~20万株の出来高しかなかったにもかかわらず、6月16日にいきなり十数倍の約225万株に膨れ上がり、週が明けた19日にもほぼ同数、翌20日は約145万株、そして当該記事がアップされた21日も約132万株と異例の大商いが続いた。が、その翌22日以降は再び前の水準に戻り、連日数十万株と通常の出来高に戻っている。

つまり、当該記事アップ直前だけ、同社株のこれまでの商いにしては異常な動きを見せているのだ。これは果たして何を意味しているのか。

こうした点も含め、今後もこの件については動きがあれば報告したいと思っている。

なお、筆者から「回答書」を送付して以後、7月13日時点まで「RVH」社および代理人弁護士からは何の反応もないままである。

【通知書1】(新潮社代表取締役宛)

【通知書2】(新潮社監査役宛)

【回答書1】(筆者送付)

【回答書2】(監査役送付)

【取材時の質問書】

【RVH社の回答メール】

内木場重人
フォーサイト編集長

【関連記事】

(2017年7月14日「フォーサイト」より転載)