ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

新潮社フォーサイト Headshot

朴槿恵大統領「弾劾列車」(下)「眠っている神様、そろそろ起きて」

投稿日: 更新:
印刷

朴槿恵(パク・クネ)大統領の3回目の談話は逆に一般市民の怒りを買ったが、弾劾賛成に突き進んでいた与党・セヌリ党の非主流派には影響力を発揮した。

セヌリ党の非主流派で構成する非常時局委員会は11月29日に会合を持ち「朴大統領の早期退陣ロードマップ」をつくるために与野党協議を求めることを決めた。セヌリ党の非主流派はこれまでは野党の弾劾に賛成する姿勢を固めていたが、朴大統領の談話を受けて、弾劾よりは、辞任のための与野党協議を行うべきだという方向に舵を切り始めた。

与党非主流派の非常時局委員会は同30日午前の会合で、朴槿恵大統領が自ら辞任の期限を来年4月末と示すことを要求していくとした。

こうしたセヌリ党非主流派の姿勢の変化を受けて、野党第2党「国民の党」の朴智元(パク・チウォン)院内代表は12月2日に弾劾案表決を強行する場合、否決される可能性があるとして採決を遅らせるべきとした。

朴槿恵大統領の談話は国民の怒りは買ったが、与党非主流派に影響を与え、とりあえず12月2日の弾劾採決を阻止することに成功した。


金武星前代表「4月末辞任するなら弾劾必要なし」

野党第1党の「共に民主党」の秋美愛(チュ・ミエ)代表は1日午前、与党非主流派の金武星(キム・ムソン)前代表と会い、朴槿恵大統領の弾劾や辞任について協議した。

しかし、金武星前代表が朴大統領の辞任時期を4月と主張したのに対し、秋代表は1月を主張し、合意に至らなかった。野党は早期に大統領選挙を実施する方が有利と判断しているのに対し、与党側は体制を再整備するために時間が必要で遅らせたい考えだ。

しかし、秋代表が他の野党と協議することなく与党非主流派と協議したことに対して「共に民主党」内部からも批判が出た。秋代表はその前にも他の野党と協議せず朴槿恵大統領に会談を要求し、批判が出て会談を取り消した。

さらに金武星前代表は秋代表との面談後に、韓国メディアに対して「4月末に大統領が辞任することが決まれば、あえて弾劾する必要はないのでは」と語った。金武星前代表は「弾劾の先頭に立つ」としていたが、「辞任を決めれば弾劾必要なし」と姿勢を変えた。

一方、セヌリ党非主流派の劉承旼(ユ・スンミン)議員は辞任を決めても、それとは関係なく弾劾に賛成するとし、セヌリ党非主流派内部でも弾劾に対する姿勢の違いが浮かび上がった。劉承旼議員は金武星前代表と並び、セヌリ党の大統領候補の一人だ。

金武星前代表は既に立候補しないと表明したが、劉承旼議員はまだ最終決定をしていない。劉承旼議員としては朴槿恵大統領との対決姿勢を明確にした方が保守勢力の中で大統領候補として生き残れるとの判断があるとみられた。

一方、与党・セヌリ党は12月1日に議員総会を開き、朴槿恵大統領が来年4月末に辞任し、大統領選挙の同6月末実施を求めていくことを決定した。議員総会には非主流派も参加しており、非主流派から何人が弾劾に賛成するか読めない不透明な状況になった。


最大規模の232万人デモ、政界を圧迫

朴大統領の談話に反発する国民感情が6回目となった12月3日の大規模デモとなって爆発した。

主催者側の発表で、ソウル170万人(警察推定32万人)を含め、全国で232万人(警察暫定推定43万人)が参加した。これはこれまでの最大規模だった11月26日の第5回大規模デモの全国190万人(警察推定32万人)を上回るこれまでで最大規模となった。

主催者側は集会・デモが始まる前は「もはや参加者数が問題でない。主催者発表はしない」としていた。毎週の集会・デモで、市民勢力側の疲労や寒さを考えると参加者規模が減少するのではないかという思いもあっての予防線であった。

主催者側は毎週の動員を、1週間おきに強弱を付けていた。今週は「弱」の順番だった。

しかし、結果は前週を上回る規模となった。

明らかに、朴槿恵大統領が11月29日に行った3回目の談話に対する市民側の怒りの噴出だった。

約1500の市民団体で構成する「朴槿恵政権退陣非常国民行動」は、これまでは「第〇回汎国民行動」と名付けて集会・デモをしていたが、今回は「朴槿恵(大統領)即刻退陣の日」と名称を変更し、集会・デモの焦点を「即刻退陣」に定めた。

集会・デモの参加者数は第1回目の主催者発表5万人(警察発表2万人)、第3回の同100万人(同26万人)、第5回の同190万人(同32万人)から今回は232万人(同43万人)へと増加した。


在韓米大使館もデモに同調?

12月3日のデモでは午後7時に、ロウソクや照明器具の灯を1分間消したり、車の警笛を鳴らすパフォーマンスが行われた。これは2014年4月16日に発生したセウォル号沈没事故当時に朴槿恵大統領が何をしていたかという「空白の7時間」への問題提起を込めてのものだった。

ロウソクやライトの灯で埋まっていた光化門一帯で1分間、光が消えた。

聯合ニュースが、デモ参加者や一部ケーブルテレビの映像を確認した結果として、この1分間パフォーマンスの時に、光化門にある在韓米大使館の電灯も消されたと報じた。米国大使館の上層部の階の電気が点いていたが、デモ隊と同じように午後7時に1分間消灯され、再び点灯したという。

朴槿恵大統領の退陣デモへの賛同の意思表示ではと話題になったが、米大使館はこれにコメントしていない。聯合ニュースは外交的に極めて敏感な問題だが、職員が個人的な意思で消灯した可能性を指摘した。


デモの対象は与党にも

第6回大規模デモのあった12月3日午後2時、ソウルの汝矣島の与党・セヌリ党本本部前では「朴槿恵政権退陣非常国民運動」主催で集会が開かれ、主催者側発表で2000人(警察推計1400人)が参加し「国民の命令だ、セヌリ党は解体せよ」と叫んだ。参加者たちは準備した「セヌリ党」と書かれた大型の旗を引き裂いた。一部のデモ参加者はセヌリ党本部に向けて卵を投げるなどした。

また、与党・セヌリ党の金鎮台(キム・ジンテ)議員は11月に国会で「ロウソクの灯はロウソクの灯だ。風が吹けばロウソクの灯は消える。民心はいつでも変わる」と述べ、デモ参加者の非難を浴びた。

金鎮台議員の出身地である江原道春川市は普段はあまりデモなどない地域だが、12月3日には金鎮台議員の地元事務所前で集会・デモが行われ約1万5000人が参加し「朴槿恵退陣、金鎮台辞職」を叫んだ。

ソウルではこの日、ロウソク集会に416本のたいまつが登場し、デモ隊はたいまつをかざして青瓦台へ向かった。「416本」はセウォル号沈没事故が起きた「4月16日」を示唆したものだ。

たいまつの登場は、明らかに「風が吹けばロウソクの灯は消える」という発言への抗議と冷やかしであった。また、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は「最近は、デモ隊の人たちの多くはLED電灯を使っていて風が吹いても消えません」と金鎮台議員の発言を皮肉った。

しかし、大衆の怒りは与党だけではなかった。野党第2党の「国民の党」が12月2日の弾劾決議に反対したために、多くの市民の批判にさらされた。野党もデモに参加している人々のエネルギーを吸収し、政治のシステムに反映することに成功しているとは言い難い。デモ隊の攻撃が野党に向かう可能性もあることを示した。


「神様、調律して下さい」から「調律しよう」へ

光化門のメインステージでは文化行事が行われ、歌手のハン・ヨンエ氏が登場した。この日は青瓦台近くへのデモに重点を置いたためにメインステージは1時間だけにし、登場したのはハン・ヨンエ氏だけだった。

ハン・ヨンエ氏は「みなさん、へばらないで下さい。千年の暗闇もロウソクの灯1つで変えることができます。われわれは、さらにもうちょっと幸福になるためにここに集まりました。わたしたちが思い描く世の中が必ずやってきます。今日、『調律』を成し遂げましょう」と挨拶して、「調律」という歌を歌った。その歌詞がなかなか意味深長だった。

「調律」という言葉にはピアノを調律するように「世の中を正しく調整し直す」という意味が込められていた。

「何が問題なのか/行くところが分からないのに、ただ走ってだけいたんだ/至高至純だった私たちの心が/いつから真実から目を背けてきたのか」「憎しみが愛に/怒りが許しに/孤立は慰労に/衝動が忍耐に/全部が共に手を握るならば/さまよう孤独な影たち/安らかな心を互いに分かち合うことができるはずなのに」

そして「眠りについた神よ、もうそろそろ起きて下さい/その昔、神よ、太陽の光がしてくれたような調律をもう一度してください」と歌った。最後に、ハン・ヨンエは「調律してください」の歌詞を、力強い声で「調律しましょう」と変え、デモ参加者の力で世の中を変えようと訴えた。

この曲はデモのためにつくられたものではなく、彼女が1992年に発表したものだ。しかし、現在の韓国の状況を歌ったことのように思われた。

ハン・ヨンエ氏はSNSで「世の中は、昔も今も、倒れることなく、折れることない人たちがいたから存在した。この地の子供たちも、遠い後日、そんな思いをするように、われわれみんなが、がんばらなくてはならない。どうか、調律一度してください」と記していた。


与党非主流派、再び弾劾賛成へ

与党・セヌリ党の非主流派で構成する非常時局委員会は12月4日、前日の大規模デモを受けて会合を開き、12月9日に予定されている朴大統領への弾劾について「残された時間に与野党が最善を尽くして交渉に臨むことを促すが、それでも与野党合意に至らなければ9日の弾劾投票に参加する」と決めた。スポークスマンの役割を果たしている黄永哲(ファン・ヨンチョル)議員は弾劾に賛成すると受け取ってくれてよいと述べた。

さらに青瓦台側から大統領と非主流派の面談の要請があってもこれに応じないことを決めた。このグループのリーダーの金武星元代表は再び弾劾賛成に戻り「今日の雰囲気だと(弾劾が成立する)200人は超えるだろう」と述べた。

6回目の232万人のデモが与党非主流派を再び弾劾賛成に引き戻した形だ。


朴大統領、結局「4月退陣」を受け入れ

青瓦台は3回目の大統領談話で与党非主流派を弾劾不必要の方向に導いたが、12月3日の大規模デモが再び非主流派を弾劾賛成に戻し、再び窮地に陥った。

こうした中で、韓光玉(ハン・グァンオク)青瓦台秘書室長は12月5日、国会の国政調査の報告の場で、朴槿恵大統領の3回目の談話は「早期の退陣表明」だったと説明した上で「近く、退陣の日を決断する」と述べた。

また、青瓦台の許元斉(ホ・ウォンジェ)政務首席秘書官も同日、国政調査での与党・セヌリ党議員の質問に答え「朴大統領はセヌリ党の一員として党の決定を受け入れる意向を明らかにした」と語り、セヌリ党が党論として決定した「4月末退陣、6月末大統領選挙」を受け入れる考えだとした。

韓国メディアは早ければ、12月6日にも朴大統領が4回目の談話を発表する可能性があると報じた。

しかし、朴大統領は4回目の談話発表という方法は避けた。3回目の談話の際に、次の機会に記者の質問に答えると語っていたために、メディアの前で語ることは避け、与党・セヌリ党の李貞鉉(イ・ジョンヒョン)代表と鄭鎮碩(チョン・ジンソク)院内代表と会い、与党幹部の口を通じて「来年4月辞任」を受け入れる考えを示した。

この辺も相変わらず「朴槿恵スタイル」だ。国民との直接的なコミュニケーションを避けて難局が打開できるのかどうか。「4月退陣」受け入れ表明も時期を逸した感じがある。

朴大統領は「今回の事態に関連して招いた国政の混乱について責任を痛感している。国民のみなさんと議員の方々に申し訳ない気持ちだけだ」と謝罪の心情を吐露したうえで、「弾劾が可決されれば受け入れ、私ができる努力はすべてやる。党でこうした立場を考え協力してほしい」と与党の協力を求めた。

朴大統領が語った「弾劾訴追の手続きに従い、(弾劾訴追案が)可決されても、憲法裁判所の過程を見ながら、国民のために落ち着いて淡々と行く覚悟ができている」という言葉は、弾劾訴追が成立しても、憲法裁判所の審査が終わるまでは辞任する考えがないことを意味しているとみられる。

これまでの朴大統領の談話発表は、国民の要求を満たすものではなく、逆に反発を買ってきた。朴大統領が「4月退陣」を受け入れたものの、「即時退陣」を要求している韓国の「民心」が収束に向かう可能性は低い。

しかし、12月9日に予定されている大統領の弾劾に与党・セヌリ党所属の議員がどの程度賛成するかどうかは不透明だ。与党・セヌリ党は事実上、所属議員の意思に任せる自主投票になる見通しだ。

もし、国会が弾劾を否決すれば、12月10日の7回目のデモがどうなるか、予断を許さない。

2014-12-26-2014110420141104forsight_hirai6_31ad30fad68750d40e3ee94ad5cd6159.jpg

平井久志
ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。

関連記事

(2016年12月7日フォーサイトより転載)