Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

新潮社フォーサイト Headshot

ワシントンで不審死した「プーチン元側近」:FBIへの寝返り阻止?

投稿日: 更新:
印刷

いつものように、今年3月のワシントン取材も、デュポンサークルのクラブに投宿した。そこは便利で動きやすく、雰囲気がいい。

いつもと違う気分になったのは、近くの別のホテルで昨年11月、ある奇妙な事件が起きていたことを知ったからだった。

「デュポンサークル・ホテル」。決してファンシーではない4つ星のホテル。特派員時代、ここで開かれたシンポジウムを傍聴したことも何回かあった。「日米半導体合意」の密約文書がほしい、と元米政府高官に頼むとこのホテルに来いと指示され、文書を持つ米紙記者を紹介されたこともあった。米政府機関が招待客を泊める宿としてもよく使われる、と聞いた。

だが、ここでプーチン・ロシア大統領の元側近の男が不審死していたというのだ。なぜ元側近をこんなところで殺(あや)めたのだろうか。

そして、ロシア情報機関の犯罪、との証拠が確認されれば、「米ロ冷戦」は深刻な段階を迎えるのではないか。

よたよた歩いてホテルの部屋に


3月10日、ワシントンの検視官事務所が警察当局と合同で、解剖所見を発表した。頭部のほか、首や胴体、腕、脚に鈍器で打撲傷を受けていたというのだ。だが、事故で転んでできた傷なのか、交通事故なのか、あるいは犯罪なのか、原因は明らかにされなかった。

奇妙なのはそれだけではない。解剖結果の発表が11月5日の死亡から4カ月以上も経っていたのは極めておかしかった。今もその理由は不明だ。

死亡したのはミハイル・レシン氏(享年57)。そもそも、ビバリーヒルズなどに合計約3000万ドル(約32億円)の豪邸5軒を所有する超リッチな男にしては、人生の最後に泊まったホテルはふさわしくなかった。

米メディアによると、彼はウィルソン・センターが主催して別のホテルで開いた11月3日夜の寄付金集めのディナー・パーティーに出席するためワシントンに来ていた。しかしその夜、ロシア人の友人が電話しても返事がなく、パーティーには姿を見せなかった。

ニューヨーク・タイムズによれば、彼は2日夜友人らと痛飲、3日午前にもまだ酒屋で酒を買い求めるなどひどく酔っ払っていた。4日夜には、事故あるいはけんかのせいか、よたよた歩きで、ホテルに戻ってきた。ガードマンが彼をベッドに寝かせようとしたが、抵抗されたという。翌朝、掃除婦が部屋に入って彼の死体を発見した。他殺であったとしても、証拠はない、という状況のようだ。

批判メディアを弾圧


レシン氏は元々エンジニアで、ソ連崩壊とともにぼろもうけした類の男で、自分の広告代理店を年商数十億ドルの大企業に育てた。エリツィン、プーチン両政権下の1999~2004年メディア担当相、さらに04~09年ロシア・マスメディア関係連盟顧問を務めた。この間、政権批判の報道で知られた独立テレビを所有するウラジーミル・グシンスキー氏の持株会社に対して、数々の不正摘発を理由に圧力をかけ、国有天然ガス企業の子会社ガスプロム・メディアの傘下に買収するなど、メディア企業を統合整理し、自由な報道を弾圧し続けて「ブルドーザー」の異名をとった。ソチ五輪前、ロシアのプロパガンダ番組を放映するRTの設立にも参加した。

彼は13~15年初めまでガスプロム・メディアのトップの座に就いていたが、それを最後にリタイア。それ以後はカリフォルニア州に住まわせた元モデルの女性と自分の間に生まれた娘の家とロシアを行き来していたようだ。彼は既に、同州に不動産会社も設立していた。娘と息子も同州在住で、遺体は同州に埋葬されたという。

FBIに情報協力


ではレシン氏はなぜ、こんな形で不審死したのか。元国家安全保障局(NSA)分析官で防諜対策の専門家、ジョン・シンドラー氏はニューヨーク・オブザーバー紙の自分のコラムで「彼は昨年には米連邦捜査局(FBI)に協力するようになっていた」と指摘している。

では、FBIに対してどんな協力をしていたのか。

実は、レシン氏は米ロの人権団体から、報道の自由の侵害を理由に告発されていた。レシン氏に対する入国ビザの取り消しや在米資産の没収といった要求もされていた。彼が持つカリフォルニア州の資産および投資のリストが米上下両院議員に配布されたこともあった。

これを受けて、ロジャー・ウィッカー上院議員(ミシシッピ州選出、共和党)は2014年、対外汚職防止法違反容疑などを根拠に、司法省に捜査を要請した。しかし、ピーター・カジック司法次官補は数カ月後、その件は司法省刑事部門とFBIに回した、と回答しただけで、具体的にはまったく何の動きも表面化しなかったという。

ただ、奇妙なことに、その動きを受けて、レシン氏はガスプロム・メディアを退社、2015年には頻繁に訪米するようになった。それとともに、レシン氏の悩みは深くなり、酒量も増えたとの情報もある。

米政府はクリミア半島併合問題で対ロ制裁の強化へと動いている。FBIはレシン氏の対米投資の問題などをテコに、レシン氏からプーチン氏の取り巻き銀行家らに関する情報を得ようとしていたとみられる。デュポンサークル・ホテルはレシン氏事情聴取のためFBIが準備したのではないかとの報道もある。

これに対してロシア機関がレシン氏の口封じのため荒っぽい作戦に出た可能性もあり、その場合はレシン氏の身の安全を確保できなかったFBIの責任が追及される恐れもあるだろう。

「陰謀の証拠」の難点


ロシア秘密機関の関与を示す証拠が発見された場合、米ロ関係は一気に「冷戦2.0」の時代を迎える(シンドラー氏)とみられる。しかし、そんな危険な時代への突入を恐れて、米政府が捜査を抑える可能性はないのか。ケネディ暗殺にはソ連が関与した可能性があったが、冷戦の深刻化を恐れてジョンソン米大統領が捜査に消極的で、「CIA陰謀説」の流布を放置したという説もある。

逆に、懸命な捜査にもかかわらず、証拠をまったく発見できなかった例の方が多いようだ。

2014-07-09-d70499f0b5b7f1ca9c9956395c1cc69260x60.jpg

春名幹男
1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。

【関連記事】

(2016年4月19日フォーサイトより転載)

他のサイトの関連記事

冷戦(れいせん)とは - コトバンク