「自分が暮らす町」は魅力的? 地域の特性が分かるWebサイトを公開

2015年02月25日 02時30分 JST | 更新 2015年03月11日 23時11分 JST


■ 意外に難しい「地域の魅力」の比較

自分たちが暮らす町にどんな魅力があるか、すぐに思い浮かべることはできますか?他の町と比べると、どんな特徴があるのでしょう。また、これから引っ越しをするとしたら、どんな町で暮らしてみたいですか?

例えば、「子育て環境が充実している町に住みたい」「病院が多く、医療が充実している町に住みたい」など、地域を探す時は、インターネットで情報を収集したり、市区町村が公表しているデータを参考にしたりする人が多いのではないでしょうか。

ところが、市区町村ごとの個別のデータを入手することはできても、他の地域と同じ指標で比較してみたり、複数の情報を多角的に検討してみたりといったことは、データが別々にあるため、なかなか難しいのが現状でした。

そこで富士通研究所は、環境や社会、経済など、さまざまな観点から地域の特性を発見できるツール「EvaCva(エヴァシーヴァ)」を、ICT業界で初めて開発しました。


■ 市区町村を選ぶだけで病院数や雇用状況をランキング表示

「EvaCva」は、客観的で公平と考えられる政府統計など1200項目以上の公開データから、環境、社会、経済の視点で47項目の指標を作成し、全国1742の自治体の特性を見える化したものです。Webサイト上で自治体を選ぶだけで、統計データに基づく、CO2やごみ排出量、病院数、地域内総生産、雇用状況、平均寿命などの指標で、全国、および同じ人口規模の市区町村内でのランキングを表示できます。富士通研究所が開発したLOD(Linked Open Data)技術を適用したデータを公開しているため、様々なオープンデータや既存のデータとの組み合わせが容易で、自由な分析が可能です。

これにより、地域住民は、自分が今住んでいる町やこれから住みたい町について、「病院数は隣町と比べて多いかな」「地元に仕事はあるかな、雇用状況はどうだろう」などの情報を、他の地域と比較しながらWebサイト上で調べることができます。自分の住んでいる地域の特性を知ることは、生活の充実を図ることにつながるでしょう。これから引っ越しを考えている人や、新しく店舗や会社の立ち上げを考えている人なら、自分の要望に合った地域を多角的な分析で選定することが可能です。

また、全国の自治体がこのようなデータを活用すれば、地域の特性を多角的に把握し、課題を発見することができるようになります。これにより、地域の課題解決に向けた施策立案を通じ、地域の活性化や新たな市民サービスの提供など、地方創生につながります。

富士通は、「EvaCva」(http://evacva.net/)をWebサイトで公開し、一般の方が利用できるようにしています。公開は2015年12月末までを予定し、その間、ご利用いただいたお客様のご意見を参考に、機能拡充を図り、お客様とともに地域を活性化するイノベーションの創出を目指していきます。ぜひ、皆さんもWebサイトにアクセスして、自分が暮らしている地域にどんな魅力があるのか、再発見をしてみてください。



【関連リンク】

EvaCva

[プレスリリース]Linked Open Data技術を適用した地域の特性を発見するツールを公開

[FUJITSU JOURNAL] 次世代のインターネットがすぐそこに!LODが描く"データの未来図"

[FUJITSU JOURNAL] ビッグデータが生み出す新たな価値とは?(前編)

Fujitsu Technology and Service Vision 関連リンク

認証基盤の充実、プライバシー保護、セキュリティ・インテリジェンスの三つの柱で、お客様の安心安全なICT環境の運用を支援します。

セキュリティと事業継続

2014-12-03-FJlogo.png

FUJITSU JOURNAL (富士通ジャーナル)」は、【ICT×INNOVATION】豊かな未来を創るビジネスやテクノロジー情報をお届けするWEBマガジンです。

【関連記事】