BLOG

田中将大ヤンキース入り、アメリカのメディアが特集した争奪戦の"勝者と敗者"が話題

2014年01月24日 00時35分 JST | 更新 2014年03月25日 18時12分 JST

2014-01-24-2013171083039560x373.jpg

■争奪戦を制したヤンキース

 ヤンキースと7年総額1億5500万ドル(約161億2000万円)で契約合意に至った楽天の田中将大投手の移籍問題における"勝者と敗者"について、USAトゥデイ紙が特集し、話題になっている。勝者には争奪戦を制したヤンキースを始め、FAの先発投手陣などが挙げられた一方、敗者にはマー君獲得を逃した球団が名を連ねた。以下が勝者と敗者の一覧とその評価だ。

【勝者】

●ヤンキース

 その獲得額が適正かどうかは別にして、争奪戦を制した球団は文字通り、勝者に違いない。同紙はヤンキースを"悪の帝国"と表現し、C.C.サバシアの実力の衰えにより、エース格の補強が急務となっていた現状の中、争奪戦を制したことで、メジャー最強クラブであることを証明したとしている。

 ジャコビー・エルスベリー外野手、カルロス・ベルトラン外野手、ブライアン・マッキャン捕手に続く、田中獲得でストーブリーグでの投資額は4億3800万ドル(約455億5000万円)にも達したという。オーナーのスタインブレナー氏が贅沢税課税ラインとなる強化費1億8900万ドル以下に収める方針を公言していたこともあって、同紙は「大した緊縮財政」と皮肉っている。

●マット・ガーザ、ウバルド・ヒメネス、アービン・サンタナのFA先発投手トリオ

 この3選手は、各球団が田中の争奪戦を終えるのを待っていたという。田中ほどの条件を手にできることは叶わないが、マーケットには田中資金は残されており、先発投手を必要とするクラブもあるとしている。

●ドジャース以外のナ・リーグのクラブ

 ドジャースにはサイ・ヤング賞を手にしたクレイトン・カーショー、ザック・グレインキーに加え、韓国人投手、柳賢振という素晴らしい人材がおり、すでに恐るべき先発ローテーションが形成されている。田中がこの陣容に加わっていたならば、多球団との戦力差は不公平過ぎると同紙は報じている。Dバックス、ジャイアンツ、ロッキーズ、パドレスあたりは安堵のため息をついているだろうとも。

■田中を獲得できなかった球団の評価は

【敗者】

●カブス

 カブスは、田中がチーム再建プロジェクトにおけるピッチャー陣の大事な中核となることを願っていたという。そして、田中獲得こそがエース格のジェフ・サマージャ投手との長期契約更新を促すとも期待していた。記事では、下部組織には逸材が揃っているとしつつ、現状の酷い先発ローテーションの陣容では、サマージャに契約更新を納得させることはできないかもしれないと予想している。

●ドジャース

 もう1人の先発投手を獲得できなかったドジャースだが、ダン・ヘイレンとジョシュ・ベケットが先発ローテーションの4番手と5番手に据えて開幕に臨むということは決して悪いことではないと同紙は分析。特にヘレンは前半戦の4勝10敗、防御率5.61から後半戦の6勝4敗で防御率3.52と巻き返したことは好材料だとしている。だが、ベケットが胸郭出口症候群の手術から復帰途中なだけに、クエスチョンマークが残るとも。

●Dバックス

 アリゾナは若いピッチャーの宝庫であり、マーク・トランボ外野手をエンゼルス、ホワイトソックスとの三角トレードで獲得する際に有望な若手左腕タイラー・スカッグスを放出したことからもそれは顕著であると分析。だが、Dバックスは即戦力のエース格を必要とし、田中はその役目を担うに相応しい人材だったとしている。

●ホワイトソックス

 同じシカゴを本拠地とするカブス同様に、低迷の続くホワイトソックスにはチームを活気づかせる大物FA選手の獲得が必要だったという。キューバ出身の強打者、ホセ・アブレウの補強はチーム再建の一歩目だったが、そのアブレウよりもスター性のある田中を獲得できれば、より大きなインパクトを与えることができたとしている。また、クリス・セール投手以外の先発ローテーションの顔ぶれにファンを熱狂させる存在はいないとも分析。

●エンゼルス

 4年連続となるプレーオフ進出失敗に加え、ドジャースとの本拠地ロサンゼルスでの主導権争いでの劣勢から巻き返すべく、昨季リーグ11位だった防御率4.23の先発投手陣の補強をストーブリーグでのプライオリティにしていたという。タイラー・スカッグスとヘクター・サンティアゴのダブル左腕を先発陣に加えたが、田中を獲得できれば、より大きな勢いがついていたとしている。

 このリストには入っていないが、メジャー投手史上5番目の高額年俸を手にした田中本人も当然、現段階では勝者に入るだろう。だが、今後の出来によってはその評価が一変してしまう可能性も秘めている。ヤンキースという重圧のかかる球団で、この高額な条件に見合うだけの活躍ができるかどうか。これから本当の勝負が始まる。

(2014年1月23日フルカウント「【米国はこう見ている】米メディアがマー君争奪戦における勝者と敗者を特集」より転載)

楽天イーグルス 画像集

 

田中将大 画像集