BLOG

日本人が太平洋戦争を総括できなかった理由と裸の大衆

2015年08月04日 16時03分 JST | 更新 2016年08月03日 18時12分 JST

第二次世界大戦終結後、アメリカ主導の極東軍事裁判で戦犯とされた人達が裁かれました。その後、メディアや世論も同様に日本の戦争責任を主に軍部に押しつけました。天皇に戦争責任があるか否かという議論は行われましたが、新聞社等のメディアに戦争責任があるのか否かという話はあまりされませんでしたし、一般大衆に戦争責任があるのか否かという話はほとんどされませんでした。これは明らかに間違えていますし、このために日本人は太平洋戦争を総括することができないまま今日に至ってしまっています。

太平洋戦争の直前には、新聞各紙はこぞって勇ましいことを書きました。皇軍は強くて負けるわけがないのだ、諸外国の日本への無礼な要求を受け入れる必要などないのだといったような、読者が読んでいて気持ちよくなるような内容ばかりを書いた方が売上が伸びるものだから勇ましいことばかり書きました。

そうやって世論が形成されてしまいますと、政治家は容易にはこれに逆らうことができません。現実的に考えて欧米列強が提示する屈辱的な要求を受け入れるしかないという意見を表明すると軍部の青年将校に暗殺されるかもしれませんし、実際にそういった事件も起こっていました。結果として政治家は世論に迎合し、非現実的な対外強硬路線を貫いてしまいました。

もちろん軍部に戦争責任はありますが、軍部だけではなく大衆を説得する側にまわれなかったマスメディアや政治家にも戦争責任はあるはずです。無謀な戦争への道を進む片棒を担いだ新聞社が、戦後には左翼的な論調になったからといって責任を免れることはできません。

そして、最も大きな責任があるのは、一般大衆です。安全な場所から戦争に熱狂した大衆には、最も大きな責任があります。そこから目をそらして、軍部だけに責任を押しつけて、大衆は戦争の被害者なのだということにしてしまったことが、戦後の日本であの戦争を総括できなかった最も大きな理由です。

その時に偶然にも陸軍の要職に就いていた人を戦犯として裁いて、それだけであの戦争の総括になるわけがありません。

安全な場所から「もっとやれー」って言っていた人達こそが戦争の元凶であり最大の加害者でもあります。しかし彼等にその自覚はありません。彼等はとても善良でとても素直でその上ただ漫然と生きています。善良な自分が安全な場所から「もっとやれー」と言ったことが原因になったとしても、彼等にその自覚がない以上、彼等は自分のことを純粋な被害者だと思いこむことになります。戦争の原因をつくった最大の加害者が図々しくも自分は被害者だと思い込むのです。

彼等は、自分に都合の良い話しか聞こうとしない裸の王様的な裸の大衆に他なりません。彼等は、とても善良で、とても素直で、ただ漫然と生きる裸の大衆なのです。

ここからは「裸の大衆」について詳しく説明したいと思います。

世の中を悪くするのは悪人ではありません。悪人は裁かれるか相手にされないかのどちらかです、悪人に世の中を悪くするほどの力はありません。

世の中に最も強くマイナスの影響を与えているのは、善良で素直で漫然と生きている「裸の大衆」です。彼等は、常に自分に都合の良い話しか聞こうとしません。彼等はありとあらゆる讒言を、それが自分に向けられた言葉だということにすら気づかずに完全に無視します。彼等は、みんなと同じように進学し就職し、常識通りに結婚し住宅ローンを組みます。周囲の人達の常識に従い、群からはずれるような行動はとらず、空気を読んで生きていきます。インフルエンザが流行してどこもマスクが売り切れだと聞けばマスクを探して走り回りますし、朝鮮人が井戸に毒を入れたと聞けば群衆に交ざって虐殺に加担します。そんな素直で従順で自分の意思を持たない流されやすい人達が裸の大衆です。

自分達の無責任な行動の結果として状況が悪くなっても、原因が自分にあるとはまったく気づきません。善人だらけの裸の大衆には、自分の無責任な態度が世の中に悪い影響を及ぼすという自覚がまったくありません。そして世の中が困った状況に陥ると、いったい誰が悪いのだ?と政治家や官僚に対して憤ります。彼等は、自分達こそが原因だとはゆめにも思いません。

空気を読むことにたけているのは日本人の長所ですが、同時に空気に逆らえないのが日本人の短所でもあります。

日本人が組織を作ると組織内には「空気」ができあがります。組織に属している人数が多ければ多いほど、またその組織が持つ権威が大きければ大きいほど、強固で逆らいがたい「空気」が醸成されます。

日本という国全体が「空気」に支配されることもあります。日本が戦争に負けるわけがないという空気、戦争反対と言い出せない空気、もう勝ち目がないから降伏するべきだと言えない空気、こういった空気をつくったのは、安全な場所から「もっとやれー」と言っていた人達です。

太平洋戦争の総括をせずに、問題の原因を明らかにせずに今日まで来てしまいました。問題の原因を明らかにしないうちに勝手に問題が解決しているなどということはありえません。つまり、現代の日本にも同じ問題の根っこの部分は残ってしまっています。

かつて、善良で素直で漫然と生きる人達が安全な場所から勇ましいことを言い放ち、知らないうちに無謀な戦争の原因になりました。そしてこれから先にも、同じように善良で素直で漫然と生きる人達が知らないうちに無謀な出来事の原因になってしまう可能性をはらんでいます。

裸の大衆は今も、隣国の暴挙に屈するなと安全な場所から勇ましいことを言い放ちます。彼等は、現実的で不快な意見を退け、非現実的であっても心地よい意見だけを受け容れます。その延長線上には無謀な行為しかありません。そしてその結果、自分達の生活にマイナスの影響が出てしまうと、彼等は自分達こそが被害者だと思いこむのでしょう。安全な場所から勇ましいことを言いたがる人達は、いざとなったら何の役にも立ちません。それどころか彼等は最後には自分は純粋な被害者だと思い込むのです。少々教育レベルが上がっても、今のところ裸の大衆は裸のままなのです。

善良で素直で漫然と生きている裸の大衆には、自分達が社会や他人に迷惑をかけているという自覚がまったくありません。しかし間違いなく、裸の大衆は被害者ではなく加害者なのです。安全な場所から「そうだ、そうだ、もっとやれ」と無責任な態度をとっていると最終的には自分自身に災難がふりかかるのだということを理解しないかぎり、いつまでも同じ過ちを繰り返すことになります。

あなたは、どう思いますか?

ふとい眼鏡の電子書籍

愛というストレス、幸せという強迫」(アマゾン Kindleストア)

(「誰かが言わねば」2014年5月26日より転載)