BLOG

2014年の事業目標

2014年01月01日 22時48分 JST | 更新 2014年03月03日 19時12分 JST

2014-01-02-pixta_4944248_Sthumb600x399787.jpg

新年ということで、事業の目標を記します。「言ったからにゃ、やらにゃいけん効果」を発動させ、頑張っていきたいと思います!!

------

【病児保育問題解決】

□千葉県・埼玉県の非サービスエリアに展開していく

□障害のある子どものための病児保育プランをリリース

□病児保育の担い手「認定病児保育スペシャリスト」受講者を300人に

□往診チームの増強と、往診エリアの拡大

□Eラーニングにより継続的な研修制度の導入

【待機児童問題解決】

□おうち保育園を3園程度増園

□おうち保育園で新卒採用開始

□小規模認可保育所が、経済的に持続可能な制度になるよう、子ども・子育て会議において政策提言活動を行う

□新制度の補助額決定に伴い、現場保育スタッフの処遇見直し

【障害児保育問題解決】

□子ども・子育て会議新制度において新たな創設された居宅訪問型保育。この制度が、障害児家庭に使いやすく、経済的にも持続可能なものになるよう、政策提言活動を昨年に引き続き行う

□日本で初めて、障害のある子どもを専門で長時間預かる「障害児保育園」を開園し、制度改革に繋げる

【働きがいがあり、卓越した組織の実現】

□行動指針「フローレンスウェイ」の改訂と浸透

□インターン経由以外の、事務局スタッフの新卒採用開始

□トップマネジメントチームの強化

□中間管理職の育成力の強化

□採用等におけるWEBマーケティング機能の強化

【後進育成と新たなセーフティネットの実現】

□社会起業家育成のための、ソーシャルビジネスのスタートアップノウハウをまとめた「社会起業のレシピ」を出版

□市民による政策提言のノウハウをまとめた、草の根ロビイング本を出版

□肩に力を入れないでも、社会参画を楽しめるライフスタイルに関する本の出版

□休眠預金を活用した新たな社会的基金の創設法案が、国会に提出されるよう政策提言活動を行う

【その他】

□働きがいのある会社ランキング、3年連続上位選出

□設立(NPO法人化)10周年イベント実施

□社会的養護に関わる実験事業の実施

(※この記事は2014年1月1日の「駒崎弘樹公式ブログ」より転載しました。

「子育てしやすい国」の条件