BLOG

香港デモを訪れて

2014年10月06日 22時44分 JST | 更新 2014年12月06日 19時12分 JST

 香港デモ。普通選挙を求める学生側と、中国政府を支持する親中派が衝突、「市民の対立が深刻化」と報道されているが、それが事実かは疑わしい。

 デモ隊に対して暴力を振るう人々を、警察が傍観する姿も目撃されている。行政も、それを黙認している。学生側は、警察・行政のこうした態度に疑問を抱き、開きかけていた交渉の扉を再び閉じてしまった。これに対して、行政長官は6日にも強制排除することを示唆した。こうした状況から、私は「市民の対立」と表現することにためらいがある。

 学生側は、当初から一貫して平和的な態度を崩していない。警察の催涙弾に対して、雨傘を盾に対抗してきたことから、いつしか"雨傘革命"と呼ばれるようになった。占拠地区には、いくつもの雨傘がシンボルのように飾られている。

 この"雨傘革命"がどんな結末を迎えるのか。現時点では、まったくわからない。しかし、暴力による解決でないことを心から望んでいる。"第二の天安門事件"となることだけは避けなければならない。

 今日5日は、日曜日。学生たちの数は、ますます膨れ上がることが予想される。恐れず、怯まず、現場を訪れたい。

umbrella revolution

2014年10月5日「乙武洋匡オフィシャルサイト」より転載)