BLOG

今や半分の人が使っていない"腕時計" Apple Watchは新たな歴史となるか?

2015年04月05日 16時07分 JST | 更新 2015年06月04日 18時12分 JST

近年、電車に乗っていると、腕時計をしていない人が多いようだ。昔は"生活必需品のひとつ"として重宝する存在だったが、時代が変わってしまったのか。

そこでしらべぇ編集部では、「腕時計の使用」について調査をした。

■Q.現在、腕時計を使っていない

2015-04-04-1428161055-5776227-2015_4_5kishida1.jpg

使っている:53.9%

使っていない:46.1%

約半数の人が使っていないと回答した。

(その内訳は以下の通り)

・男性年代別

2015-04-04-1428161177-414802-2015_4_5kishida2.jpg

・女性年代別

2015-04-05-1428230231-6414706-e99cc3808964d9e08ec8fb27d43842de600x303.png

男女別に見ると女性の方が使っておらず、また男女ともに30代の利用率が最も低い結果に。

■Apple Watchは「腕時計回帰」のきっかけになるか?

"腕時計離れ"の最大の要因は"携帯電話の普及"と言われているが、今、注目の腕時計はアップル社のApple Watchだろう(日本での発売は2015年4月24日の予定)。

Apple Watchは、時刻表示が指針式、デジタル式の両方に対応できるばかりではなく、ストップウォッチ、メール、通話、ボイスレコーダー機能などを搭載し、これまでの腕時計の範疇をはるかに超えたアイテムだ。iPhoneとの互換性も優れている。

主なメリットとして

・スマートフォンと異なり、落とす心配がほとんどない

・携帯電話のように、ポケットやカバンから取り出す手間がなく、素早く操作できる

が挙げられるが、一方で

・電池の持ち時間:最大18時間持つとはいえ、普通の腕時計に比べると、圧倒的に短い

・鉄道車両の優先席やその付近では、電源を切らなければならない(関西地方では、混雑時のみ電源OFF)

・「歩きスマホ」ならぬ「歩きウオッチ」による事故

・犯罪(盗撮など)の道具として使われやすい恐れ

といったデメリットが懸念されている。

Apple Watchは、腕時計の歴史に新たな1ページを刻む存在として、「腕時計回帰」のきっかけとなるだろうか。

しらべぇより転載)