BLOG

大都会東京のカプセルホテル衝撃写真集!信じられない注意書きも!

2014年08月24日 22時47分 JST | 更新 2014年10月24日 18時12分 JST

01

一昔前は、終電を逃したサラリーマン御用達、そして男性専用というイメージだったカプセルホテル。

最近では、女性専用フロアを設けエステ施設まであるカプセルホテルや、アメニティを充実させたり、パソコンコーナーを設けたり、更にはロハスをコンセプトにしたスタイリッシュなイメージのカプセルホテルなど、その多様化と進化には目を見張るものがあります。

03

02

女性の社会進出はもとより、近年、LCC(格安航空会社)や夜行高速バスなど、簡便で安価な移動手段を利用する旅行者が増えたことでリーズナブルな宿泊施設への需要が高まったことも、女性1人でも安心、安全、そして清潔に利用できるスタイリッシュなカプセルホテルが増加した一因です。

15

男性専用のカプセルホテルでも、男性用化粧品などを用意するなど、そのような傾向が出てきています。

16

少々割高な料金設定ですが、充実したアメニティやよく考えられたインテリアは好感度が高く、利用者からの満足度も高いといえます。

17

例えば、よくスーパーの屋上にあるゲームセンターに設置されていた、わたあめ機を設置し、利用者が無料で自由に利用できるという施設も。

18

一方で、女性フロアと男性フロアが完全に分離されていない施設ではトラブルもあるようです。

365

さて、筆者は2014年1月1日から『365日365ホテル』というミッションを遂行中です。デラックスホテルからエコノミーホテル、果てやレジャーホテル(ラブホテル)まで様々なホテルを利用しています。

1月1日から6月30日までに利用した181ホテルについて全ホテルを採点したホテルガイド『365日365ホテル(上)』(マガジンハウス)にも書いていますが、カプセルホテルも33施設利用しており、これはすごい!という感動的な施設もあれば、こんなのはありえない!といった酷い施設まで様々です。

04

酷い代表例は、清潔感のないカプセルホテルです。

トイレが古く掃除が行き届いていない施設もありました。水回りの清潔感は重要です。

05

ある施設ではオーナーの趣味!?なのか汚れて変色した水槽が『飾られて』いました。

06

ホテル側に努力してほしいと思うこともありますが、

07

利用者のマナーも肝要です。

08

無秩序なロッカー上。

09

利用者のマナーが問題になっているケースもあるらしく、カプセルホテルを利用し観察を続けていると信じられない掲示に出会うことがあります。

カプセル内では禁煙、携帯電話での通話が厳禁なのは当たり前として、

10

「他のお客様の着替えを勝手に捨てるな」!?

11

「水風呂の栓を勝手に抜くな」!?

12

トイレのスリッパで施設内を歩き回られては困ります。

13

やはり製氷機にはモノを入れてはいけません。

14

多様化し進化をつづけるカプセルホテルもあれば、まさに旧態型といったカプセルホテルもありますが、全てがパブリックスペースともいえるカプセルホテルにおいては、利用者のマナーが特に重要視されます。全ての利用者が気持ちよく利用できるようにしたいものです。

そんなカプセルホテルですが、大都会の片隅で個人のスペースを確保できることが魅力です。そして今日も多くの利用者へ癒しを与え続けています。

文:瀧澤信秋/ホテル評論家・Hotelers編集長

【関連記事】

利用者からは意外と不評の声も...、自動チェックイン機は本当に便利?

なぜ、ホテルのフロントは2階にあることが多いのか?

パソコンのバッテリーがなくなっている!?客室カード式電源に要注意!