伊吹早織
伊吹早織さんの最新投稿情報を受け取る
1991年、東京都生まれ。2014年6月に国際基督教大学教養学部(政治学専攻)を卒業。過去にCNN日本支局やハフィントンポスト・ジャパンなどにインターンとして勤務。東京に暮らす人びとの素顔を伝えるストリートスナップサイト「TOKYO+MADE」を運営。

伊吹早織さんによる記事一覧

アウシュヴィッツ博物館初の外国人ガイド・中谷剛さん「タブーに立ち向かうのは戦争を経験していない世代」

(1) コメント | 投稿日 2015年02月25日 | 14時50分

ナチス・ドイツ軍によって約130万人々が殺害されたアウシュヴィッツ強制収容所の解放から70年。アウシュヴィッツ博物館の初の外国人公式ガイド・中谷剛さんに聞いた。

記事を見る

ダーイシュ(イスラム国)が国境まで迫ったトルコ南東部で活動を続ける日本のNGO「AAR Japan」の現場を訪ねる

(1) コメント | 投稿日 2015年02月22日 | 08時38分

2015年1月、混迷を極めるシリア情勢と隣り合わせで活動を続ける「 AAR Japan」の現場を訪ねた。

記事を見る

「ダーイシュ(イスラム国)が私の街を奪った日、忘れない」シリア人が語る紛争と難民としての暮らし(画像)

(0) コメント | 投稿日 2015年02月22日 | 07時57分

ダーイシュがシリアの街を襲ったとき、そこでは何が起きたのか。難民としてのトルコでの暮らしはどのようなものなのか。難民を受け入れるトルコの現地住民の心境とは。

記事を見る

韓国の市民には冷静さもパワーもある。じゃあ、私たちは?――日本人学生が体感した8月15日のソウル

(2) コメント | 投稿日 2014年08月19日 | 22時10分

69回目の8月15日となった先日、わたしは他3人の学生とともに、近年この日に合わせて日本大使館前で行なわれているという、反日デモの様子を取材しに行きました。

記事を見る

オリンピック選手のトップレス画像が流出 レバノンの若者たちが「脱ぐ」政治的理由 【画像集】

(0) コメント | 投稿日 2014年02月13日 | 12時43分

「ジャッキーのために脱ごう!−−」いま、レバノンの若者たちがセミヌードの写真をネットに投稿するムーブメントが起きている。冬真っただ中の肌寒い季節に、どうしてレバノンの若者たちは「脱いで」いるのか?

記事を見る

中間貯蔵施設は住民投票で決めない 楢葉町議会が直接請求の条例案を否決

(3) コメント | 投稿日 2014年01月29日 | 16時43分

福島県楢葉町の町議会は、除染作業で発生する土壌や廃棄物を保管する「中間貯蔵施設」の建設をめぐり、住民投票の実施を求める条例案を反対多数で否決した。

記事を見る

プーチン大統領「ただし子供には近づくな」発言に欧米から反発 日本の対応は?

(3) コメント | 投稿日 2014年01月18日 | 14時43分

ソチ五輪の開催を3週間後に控えた1月17日、同性愛を知らしめる行為を禁止した「同性愛宣伝禁止法」に関して問われた際、プーチン大統領は「(ソチ五輪では)同性愛者も安心していい」と述べた後に、「ただし子供たちには近づかないでほしい」と付け加えたことが波紋を呼んでいる。

記事を見る

細川護煕氏「オリンピックは辞退するべきだった」 都知事選、各候補者の五輪政策とは

(2) コメント | 投稿日 2014年01月18日 | 10時45分

東京都知事選への出馬を表明している細川護煕(もりひろ)元首相が、昨年末に出版されたジャーナリスト・池上彰氏の著書で、2020年東京五輪は辞退するべきだったと主張していたことが明らかになった。他の候補者は東京オリンピックをどのように考えているのか。

記事を見る

「新卒採用なんかぶっこわせ」 堀江貴文さんたちの考える"21世紀の働き方"とは

(11) コメント | 投稿日 2013年12月17日 | 16時38分

アメリカ大使館とクーリエジャポンの共催で「働くこととは何か?」という問いに新たな答えを求めて、様々な業界の第一線で活躍するビジネスリーダーたちが議論を繰り広げる番組がニコニコ生放送で放送された。番組冒頭で元ライブドアCEOの堀江貴文さんが一言:「俺は新卒採用なんかさっさとぶっこわしたいんですよ」。第一線で活躍するビジネスリーダーたちの考える「21世紀型の働く」とは。

記事を見る

「マイノリティのカミングアウトで社会は変わる」 ペンシルバニア州議会初のゲイ議員、ブライアン・シムズ氏インタビュー

(2) コメント | 投稿日 2013年12月16日 | 12時28分

ある日、家族や親しい友人が「実はゲイなんだ」とカミングアウト(告白)してきたら、あなたは彼をどう受け止めるだろうか。米国ペンシルバニア州のブライアン・シムズ州議会議員は、大学のフットボールチームでキャプテンを務めていた時、何年も一緒に過ごしてきたチームメイトに、自身がゲイであることをカミングアウトした。チームメイトの反応は予想外のものだった……。

記事を見る