BLOG

無実の罪で10年刑務所にいたジャレットさんの選んだ道

2015年05月21日 16時45分 JST | 更新 2016年05月20日 18時12分 JST

1996年、ジャレット・アダムスさんは、17才の時、友達ふたりと大学のパーティーに行った。

その後、女子学生の部屋に3人で行ったのが、不幸の始まりだった。

女子学生はその3人に暴行されたと訴えた。

ジャレットさんは、無実を訴えた。たしかな証人もはっきりした証拠もなかったが、禁錮28年の有罪判決を受けた。

バスケットボールやチェスをやって壁の向こうでの時間を過ごしていた彼だが、ある囚人が彼にこういった。

「座れよ。おれは自分がやったことが原因でここにいる。だが、お前は証拠もないデタラメのためにここにいて、出ていこうと戦いもしない」

彼の言葉がジャレットさんの闘争心に火をつけた。

 

彼は外部の団体の助けも得て、2006年、巡回区控訴裁判所で無実を勝ち取ることができた。

刑務所で無為に過ごした時間は、10年に及んでいた。

2007年出所後、彼にはお金も仕事もなく経済的に苦しい状況だったが、法律家になることを決意し、大学に再入学した。

2012年に卒業して学位を得、秋にはロースクルールへの入学を許された。

そしてこの秋に卒業予定の彼は、彼の無罪を決めた巡回区控訴裁判所での、公益フェロー(public-interest fellow)になるための2年間の生活費を、募金してもらう活動を行っている。



www.gofundme.com

以上、redditで話題になっている記事の要約である。

こういう人を見ると、いったい、その揺るぎないモチベーションがいったいどこから沸き上がってくるのか、それが枯れそうもないのはなぜか、驚かざるをえない。

ほんのちょっとしたことでモチベーションの低下してしまう僕とは、ハートの構造が違うのかなと思ってしまう。

 

たしかに、モチベーションをいつも高く強く保っているように見える人は、僕の周囲にも何人かいるのだが・・・

 

頑張らねば。

www.theroot.com


 

(2015年5月20日「ICHIROYAのブログ」より転載)