あの人のことば

「同情を憎み、矛盾に怒れ」

Masao Takano
Getty Images/iStockphoto

3年目を迎える川内村の特別養護老人ホーム

2011年3月の福島第一原子力発電所事故により全村避難を余儀なくされた川内村は、2012年1月「戻れる人から戻ろう」という遠藤村長の呼びかけのもと、避難を行った自治体の中で最も早く帰村宣言をしました。村民が川内村で生活できるためには医療・福祉の充実が必須です。当院から川内村の診療所への医師派遣はしていたものの、介護や福祉がネックとなり戻りたくても戻れない高齢者やその家族の方は多くおられました。...
Huffpost Japan

「夢だけは 壊せなかった 大震災」女川町の子供たちが描いた"未来の町"が今、実現しようとしている

東日本大震災からの復興が進む宮城県女川町。死者・行方不明者900人以上という甚大な被害を受けたこの町も、サンマや牡蠣など、豊かな水産の町の賑わいを取り戻しつつある。 しかし、女川の人たちは「震災の記憶を風化させてはならない。苦しいが、次の世代の教訓にしなければいけない」と口をそろえる。 震災直後、女川の小中学生は学校の授業で自分たちの思いを五七五の俳句に込めた。震災から6年が経過した今、その俳句を...