BLOG

身長100cm、超小型ママの子育て

みんなと同じだけど、ちょっぴり違う私の子育てをご紹介します。

2018年01月12日 17時47分 JST | 更新 2018年01月23日 14時05分 JST

佐藤健介

我が家は、私、夫、4歳の息子と、2歳の娘の4人家族です。しかし、まわりから、パパと子ども3人の家族だと見られがち。ママの私が若く見えるから!?いえいえ、実は私は身長100cm、体重20kg、骨の折れやすい障害で車椅子で生活をしています。小さいのでよく子どもと間違われてしまうのです。飲食店で子どもだけがもらうおまけを、私もちゃっかりもらえたりします。

伊是名夏子

子ども2人は車いすに乗るのが大好き!ベビーカー代わりです。4歳の息子はすでに私より身長が高いのですが、こうやってお昼寝をします。息子はどんどん大きくなるので、「狭いよ。ママはベビーカーに乗ればいいんじゃない?」と言うまでに。子育てにここまで車椅子が浸透するとはびっくりです!笑

私の障害「骨形成不全症」は、骨が折れやすい障害です。牛乳などのカルシウムを飲んでも、体内には摂取されにくく、子どもの時は年3,4回は骨折をしていました。歩けないので、車いすで生活をしています。でも私はずっと子育てをしたかったのです。結婚前の20代から、情報を集めたり、婦人科に検診に行ったりと、いつか子どもを育てる日を夢見てきました。

伊是名夏子

結婚後の2011年、初めての妊娠では流産に。そして2013年に二度目の妊娠。小さな私の体が、どこまで耐えきれるのか心配でしたが、9ヶ月まで無事に進み、男子を出産しました。子どもを生むのは一人、二人目は養子がほしいと考えていたのですが、あまりにも子どもがかわいくて、かわいくて、二人目がほしいと思ってしまい、2015年にまた妊娠。前回と同様に、9か月まで無事送ることができ、出産しました。

私の障害の遺伝率は2分の1。私と同じ障害のある子がうまれるだろうし、さらには低出生体重児(未熟児)になるので、赤ちゃんはなんらかの障害を持って生まれてくると思っていました。しかし予想に反して、なぜか障害のない子どもたち、笑。

伊是名夏子

子育てで、私ができないことはたくさんあります!あかちゃんの体重が5kgを過ぎる、6ヶ月の頃から、私は抱っこもできません。動き回る子どものおむつかえもできないし、子どもが危ない場所に入ってもさっと抱きかかえることもできません。食事を作るのも難しいし、洗濯掃除も一人ではできません。じゃぁ、どうやって育児をしているの?パートナーがスーパーイクメン!?いえいえ、夫は不規則な時間帯の仕事でほぼ家に居ません。さらに転勤族なので、両親や親せきも近くにいません。私は障害があるので、介護制度を利用して、一日10時間、ヘルパーが来てくれます。ヘルパーと一緒に、子どもに食事をあげ、着替えさせ、保育園の送迎をし、掃除、洗濯をします。みんなと同じだけど、ちょっぴり違う私の子育てをご紹介します。

家族のかたち」という言葉を聞いて、あなたの頭にを浮かぶのはどんな景色ですか?

お父さんとお母さん? きょうだい? シングルぺアレント? 同性のパートナー? それとも、ペット?

人生の数だけ家族のかたちがあります。ハフポスト日本版ライフスタイルの「家族のかたち」は、そんな現代のさまざまな家族について語る場所です。

あなたの「家族のかたち」を、ストーリーや写真で伝えてください。 #家族のかたち#家族のこと教えて も用意しました。family@huffingtonpost.jp もお待ちしています。こちらから投稿を募集しています。

ハフポストの記事をもっと読む

HUFFPOST JAPAN

誰もが1万円から、新興国に投資できる。そんな仕組みをつくった元エリートたちの話。[Sponsored]