BLOG

寝ながら稼ぐ方法

想像力さえあれば、寝ながら稼ぐ道に限界はない。

2017年09月29日 18時54分 JST | 更新 2017年09月29日 19時04分 JST

●もう月収いくらの時代は終わった

世の中のサラリーマンやOL、そして経営者にいたるまでが、時間を売って稼いでいる。そう、1時間いくら、1年いくらという発想である。

それでは、大きなお金を得るためには、働く時間を増やすか、退職するまでの勤続年数を延ばすしかない。

しかし、私は最終的に大きな不労所得を生み出し、労働時間を完全に無くすようにしようと考える。

想像して欲しい。

南の島のビーチでくつろぎながらも、銀行残高は刻々と増えている生活を...。

そこで「寝ながら稼ぐ121の方法」の著者である私が、その方法の一部を紹介してみよう。

●お金持ちになる人の仕事の選び方

寝ながら稼ぐことのスタート地点は起きていながら稼ぐことである。

ほとんどの人は、人生の最初から投資に使える資本も、大きく稼げるノウハウもアイデアもない。だから、会社などに就職して、仕事や社会の仕組みを学びながら最初の資本を貯め込む必要がある。

たいがいの人は、会社を選ぶとき「この仕事でいくら稼げるだろうか?」とか、「この会社は有名企業なのか、安定した生活を保障してくれるのか?」などを考えがちである。

しかし、お金持ちになる人は違う。

就職先を選択するとき、「この仕事に対して、私はどのぐらいのパッションがあるのか?」 これが先にくる。そして、「ここに就職すれば、誰と一緒に仕事ができるのか?その人から何を学ぶことができるだろうか?」と続くのだ。

つまり、最初の就職先で大きく稼ぐことを考えていない。

最初の仕事は学校の延長線上であり、自分の情熱・夢を追求し、そして社会・ビジネス・お金などについてさらに学ぶ機会であると捉えているのだ。

●賃金を上げるための、単純かつ確実な方法

あなたが勤め人であれば、まずは、自分が何の数字を出すために雇われているのかを明確に知ることだ。顧客満足度を重要視している企業なのに、売り上げだけを上げても望むような賃金の引き上げにはつながらない。

そして自分の数字が、現時点でどのレベルにあるのか測定・把握した上で、目標を立て、改善策を打ち出すのだ。

改善までこぎつけても、数字を会社に報告しなければ酬われることはない。それも、誰に、いつ、どのような形で報告するのか、適切な方法を選ぶ必要がある。

そして、社内では他人のやりたがらない仕事をやろう。社内で「きつい、汚い、危険」な仕事を率先して請け負うのだ。

私は大使館に勤めていたころ、在庫を調べるための残業や、掃除などを買って出ていたし、皆には「嫌な顧客からの電話は私の席に転送していいよ!」と伝えていた。こうしたことで、賃金は着実に上がり、リストラの不安もなくなる。

「寝ながら働く」といっても、少しの間はリスクを背負ったり、きつい仕事をしながら生活する必要はある。しかし、それで会社というものを知り、ビジネスの仕組みを学び、人の気持ちがわかるようになる。大事な期間なのだ。

●寝ながら稼ぐ、最も強力な方法

寝ながら稼ぐ、とは不労所得のこと。その最も強力な方法のひとつが、投資であろう。

例えば、株式。単独企業の大きな成長の波に乗ると、一気に資産形成が加速される。マイクロソフトが上場した1986年に100株を2100ドルで購入していれば、1999年には660倍、140万ドルになっていた。

1980年にアップルが上場したときに株を買っていれば371倍。アマゾンが上場したときなら668倍。問題は、どのようにこうした成長株を見つけるかである。

新しい技術や商品が実際に消費者や産業に導入されるまでには、長い期間がかかる。あまり早い段階で投資してもリターンが見込めるまでに年数がかかり、リスクが大きい。

最終的にその商品を導入するであろうというお客様の10%が実際にその商品を導入した時点。そこで、もっとも大きなマーケット・シェアを持つ企業、「マーケット・リーダー」の株を買う。

そして、市場における導入が80%に到達したとき、株を売るのである。

発想の転換「欲しい車を手に入れながら1日20万円儲ける」方法

「寝ながら稼ぐ」のは横着だと、ネガティブな印象を持つ人がいるかもしれない。

しかし、実際には「お金は価値創造の結果」である。正しく稼ぐお金は道徳・美徳にかなっているのだ。

あるエピソードを紹介しよう。

友人がロールスロイスを購入したいと言い出した。しかし、保険やメンテナンスなどの費用は高く、それでは難しいと思い私に相談してきた。

 そこで「自分のためだけに保有するものは全て負債となるが、他人のために持つものは資産となり、現金の源になる」というアドバイスを行った。

 彼は、早速購入に踏み切って、高級車レンタルの事業を立ち上げた。

東京だと、1日20万円程度の請求ができるので、自分は利用していないときに貸し出すようにして、費用どころか、収入源となったのである!

 そして、車両価格そのものも減価償却の対象となり、節税効果を生み、さらに現金の流れを生み出す結果となったのだ!

●たった4語の歌で50億円稼いだ話

印税生活もまた、「寝ながら稼ぐ」の代名詞である。

最も一般的な印税収入とは、著作権から得られるものである。そして、この著作権というものは、最も簡単に取れる権利なのだ。

文書、絵、写真、歌。セミナーのスピーチから建物の設計図に至るまでこの権利は多岐にわたる。

登録の必要もなく、作るだけで、あなたの権利は発生する!

著作権収入は本当に面白いものである。例えば、歌を歌う人はよく目につくが、その人はコンサートをしたり、ツアーに出かけたり、いっぱい働いている。しかし、歌を書いた人が得るのは純粋に不労所得である。

 ここであなたは思うことだろう。

「私に、そんなものを書く才能はない。難しすぎる!」と。

本当にそうだろうか?

あの有名な「HappyBirthdayToYou」の4語が、2015年までに著作権の対象とされ、著作者へ50億円以上もの印税が支払われているのだ!

想像力さえあれば、寝ながら稼ぐ道に限界はない。

———「汚い」「経済格差があってはいけない」などなど...。

多くの人は、お金を憎むように教育されているが、そのような思いを抱いたままではお金にモテない。

お金が好きになれば、お金もあなたを好きになる。お金持ちを良く言うようにすれば、自分もその仲間入りができるだろう。ぜひ覚えておいて欲しい。

KADOKAWA

寝ながら稼ぐ121の方法