宿輪純一
宿輪純一さんの最新投稿情報を受け取る
 
博士(経済学)・エコノミスト。映画評論家。帝京大学経済学部経済学科教授。慶應義塾大学経済学部非常勤講師(国際金融論)も兼務。1963年、東京生まれ。麻布高校・慶應義塾大学経済学部卒業後、87年富士銀行(新橋支店)に入行。国際資金為替部、海外勤務等。98年三和銀行に移籍。企画部等勤務。2002年合併でUFJ銀行・UFJホールディングス。経営企画部、国際企画部等勤務、06年合併で三菱東京UFJ銀行。企画部経済調査室等勤務、15年3月退職。兼務で03年から東京大学大学院、早稲田大学、清華大学大学院(北京)等で教鞭。財務省・金融庁・経済産業省・外務省等の経済・金融関係委員会にも参加。06年よりボランティアによる公開講義「宿輪ゼミ」を主催し、この4月で10周年、開催200回、会員1万人を超えた。主な著書には、日本経済新聞社から『通貨経済学入門(第2版)』、『アジア金融システムの経済学』、東洋経済新報社から『決済インフラ入門』、『金融が支える日本経済』(共著)、『円安vs.円高―どちらの道を選択すべきか(新版)』(共著)、『ローマの休日とユーロの謎―シネマ経済学入門』、『決済システムのすべて(第3版)』(共著)等がある。

Facebook宿輪ゼミ:https://www.facebook.com/groups/shukuwaseminar/
公式サイト:http://www.shukuwa.jp/

宿輪純一さんによる記事一覧

『パッセンジャー』―近づく宇宙!/宿輪純一のシネマ経済学®(118)

(0) コメント | 投稿日 2017年03月20日 | 22時01分

宇宙への旅は、今や商業ベースでも可能になりつつある。

記事を見る

『真白の恋』―伸びる北陸/宿輪純一のシネマ経済学®(117)

(0) コメント | 投稿日 2017年02月14日 | 16時57分

「真白の恋」は今年の福井映画祭長編部門でグランプリを受賞するなど、今後の北陸を代表する映画になる可能性が高い。

記事を見る

『マグニフィセント・セブン』―経済学で幸せになるか?/宿輪純一のシネマ経済学®(116)

(0) コメント | 投稿日 2017年01月22日 | 10時14分

映画ファンならだれもが知っている名作:黒澤明の傑作『七人の侍』(1954年)と同作をリメイクした『荒野の七人』(1960年)を再リメイクした作品。

記事を見る

『君の名は。』―変わってきたマーケティング(115) 宿輪純一のシネマ経済学

(0) コメント | 投稿日 2017年01月04日 | 15時31分

企業戦略の観点から考えると、この映画(君の名は。)の"新しさ"が良くわかる。

記事を見る

『バイオハザード:ザ・ファイナル』―経済のゾンビ化を防止せよ(114)

(0) コメント | 投稿日 2016年12月25日 | 09時11分

ゾンビの問題は経済にもある。

記事を見る

『タクシードライバー日誌』―トランプに翻弄されるインドネシア(113)

(0) コメント | 投稿日 2016年12月18日 | 08時11分

本作をみるとインドネシア・ジャカルタの様子がよくわかる。

記事を見る

『グローリー』―組織に翻弄される個人(112)

(0) コメント | 投稿日 2016年12月11日 | 17時45分

東京国際映画祭で上映された、EUの新興国ブルガリアを舞台にした作品。ブルガリアで孤独な生活を送る"どもり"でまじめな鉄道員が主人公。

記事を見る

『I America』―海外に支えられるフィリピン経済(111)

(0) コメント | 投稿日 2016年12月10日 | 10時03分

東京国際映画祭での上映作品で、フィリピンの作品である。いわゆる戦争における現地妻の問題である。

記事を見る

『インフェルノ』―人間の賢さが試される時(110)

(1) コメント | 投稿日 2016年10月26日 | 16時55分

ダン・ブラウン原作による"ダ・ヴィンチ・コード"シリーズ第3弾。ロバート・ラングドン教授が、世界を破滅させる陰謀に個人的に立ち向かって解決する姿を描く。

記事を見る

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 』―人口増加で経済成長(109)

(1) コメント | 投稿日 2016年10月23日 | 08時31分

ブリジットは今やテレビ局のやり手プロデューサーとして活躍していた。

記事を見る

『アングリーバード』―予想通りには、いかない面白さ(108)

(0) コメント | 投稿日 2016年09月25日 | 17時55分

主人公レッドはアングリーバードという名の通り、いつも怒っている。なぜなら、予想外の不愉快なことがあり、それは、我々の周りでもよく起こるものである。

記事を見る

『闇金ウシジマくん Part3』―欲望と人生と経済(107)

(0) コメント | 投稿日 2016年09月11日 | 10時21分

ギャンブルや性欲などをベースとしたおカネの欲望に翻弄されて、転落していく人生を描く。

記事を見る

『ゴーストバスターズ』―明るく、楽しい"リケジョ"の時代(106)

(0) コメント | 投稿日 2016年08月12日 | 11時38分

今回もニューヨークが舞台だが、主人公が女性、しかもリケジョ(理系女子)ばかりなのである。

記事を見る

『ロスト・バケーション』―"サメ"というブランド(105)

(0) コメント | 投稿日 2016年07月20日 | 17時41分

そうなのだ。「サメ」というのは、夏の風物詩というか、「ゴジラ」のような「ブランド」なのである。

記事を見る

『火花』―"自分"という商品(104)

(0) コメント | 投稿日 2016年06月10日 | 13時30分

お笑いコンビ:ピースのボケ担当である又吉直樹の小説家デビュー作で、なんと第153回芥川賞を受賞した『火花』が映像化された。

記事を見る

『マネーモンスター』―最新の米国金融市場とコンプライアンス対応強化(103)

(0) コメント | 投稿日 2016年06月08日 | 16時46分

ジョディ・フォスター(53歳)がメガホンを取った「金融たてこもりサスペンス」。

記事を見る

『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』―なぜ、英国EU離脱(102)

(0) コメント | 投稿日 2016年06月02日 | 15時27分

現在、英国はEU(欧州連合)離脱問題で揉めている。キャメロン首相は必死に離脱を阻止しようとしている。

記事を見る

『更年奇的な彼女』―分かりにくい中国の恋愛的生活と経済 宿輪純一のシネマ経済学(101)

(1) コメント | 投稿日 2016年05月18日 | 14時30分

本作に描かれた食事や生活ぶりを見て、街中やインフラを見て、分かりにくい中国の実体経済をイメージすることができる。

記事を見る

『殿、利息でござる!』―無私な人々と安易なインフレ政策 宿輪純一のシネマ経済学(100回記念)

(0) コメント | 投稿日 2016年05月06日 | 14時54分

無私の気持ちで、大変な苦労をして宿場町を救おうとする姿勢に心を打たれる。

記事を見る

『フィフス・ウェイブ』―少女よ、大志をいだけ! 宿輪純一のシネマ経済学(99)

(0) コメント | 投稿日 2016年04月19日 | 14時39分

宇宙から侵略される地球を描いた、いままでの5倍のスケールを持つSF映画。主人公の美少女から大人へと成長した19歳のクロエ・グレース・モレッツが光っている。

記事を見る