BLOG

014 | 東京から京都まで通う、カラダリセットの酵素風呂。

2014年05月09日 19時16分 JST | 更新 2014年07月06日 18時12分 JST

2014-04-22-untitled.bmp

規則正しい生活がいいのはわかっていても、なかなか実践できないのが人間の性。暴飲暴食、不摂生。その付けは体調不良という形で自分の身に返ってくる。そんな時に頼りになるリセット場を、大人なら持っていたいもの。著名人たちの"私の一軒"を聞いた。

「〈京の酵素浴〉は野地秩嘉さんの著書『皿の上の人生』に出ていたのを読んで興味を持ちました。高温の酵素風呂に15分ほど入るだけですけど、その効果はすごいですよ。出た後も汗が止まらないし、新陳代謝が良くなるからトイレも近い。揚げ句、数時間後には睡魔に襲われるんですけど、眠りが深く目が覚めると元気になっている。初めて行った5年前には痛めていた膝も一発で良くなりました。いまでは癖になって、月1回関西に仕事を作っては通っています。」

〈京の酵素浴〉

外部エネルギーを使用せず、微生物による天然発酵熱を利用した温浴。京都府内だけでなく地方から足繁く通う人も多い。中には毎日訪れる人も。1回3,800円。通信販売ではオリジナル入浴剤《リツリンヨク®》が購入可能。●京都府京都市下京区河原町通正面下ル万屋町334☎075・344・2210。

梶原由景

●かじわら・よしかげ/1965年生まれ。クリエイティブディレクター。ファッションブランドや家電メーカーなど、幅広いクライアントを持つ〈LOWERCASE〉代表。

【関連記事】 

(「からだにいい100のこと。」より転載)

The 2013 Chicago Marathon