BLOG

053 | どんなに疲れていても、素の自分を取り戻せる場所。

2014年07月16日 15時31分 JST | 更新 2014年09月13日 18時12分 JST

2014-06-20-052_image011.jpg

2014-06-20-052_image021.jpg

美容ライターとして、日夜さまざまな美容法に触れている鏡裕子さん。そんな彼女が、10年以上欠かすことなく通い続けているのが『ラニオラ』の酵素風呂だ。「出会いは10年前。西麻布にある『麻布酵素亭(ラニオラの前身)』を通りかかった時に、気になって入ってみたことがきっかけです。当時はアシスタントをしていたころで、疲れがピークに達すると、救いを求めるような気持ちで行っていました(笑)」。今では、多い時には週に2~3回、少なくとも週に一度は必ず訪れるというほどのヘビーユース店だ。

「美容ライターという職業柄いろいろなものを試してはいるんですけど、これを越えるものにいまだに出会えていないんです。正直なところ、運動もしていないし、生活も不規則だし、体にいい生活をしているとはとても言えない。それでも、病気や激太りすることなく生きていられるのは、酵素風呂のおかけだと思っています」

酵素風呂の入浴時間は、1回10分~20分程度。ひのきのオガが肌に直接触れ、全身の毛穴から酵素を取り入れることができるのが特徴だ。また一度の入浴で、2~3kmのランニングをした時と同量の消費活動が行われ、代謝が活発になることでデトックスやダイエット効果があると言われている。

さらに女性には嬉しい効果もあるという。「肌ツヤがめちゃくちゃ良くなります。だから、昔はデート前に入っていましたね(笑)。血色もよくなるし、化粧のノリもよくなるから女性には特にオススメです」。ただし、血行がよくなるため、お酒がいつも以上に回ってしまうので注意が必要とのこと。

将来自分でお店を開きたいと思っているほど、彼女にとって酵素風呂はなくてはならないもの。美容の世界で働いているからこそ、素の自分に戻れる絶対に外せない"MY定番美容"が必要なのかもしれない。

写真/石渡朋 文章/戸塚真琴

鏡裕子

●かがみ・ゆうこ

1983年生まれ。学生時代からライターの経験を積み、現在では女性誌を中心に美容ライターとして活動。音楽好きがこうじてラジオ番組の構成作家もつとめている。

https://twitter.com/mura_yuu

Lani Ola Noah

・東京都世田谷区奥沢6-13-12 自由が丘リバーシティ5F ☎03・6432・2272 営9:30~19:00(平日)、9:30~17:00(土日祝日) 酵素風呂専門店。自由が丘店の他に、西麻布や妙蓮寺、鵠沼海岸にも店舗がある。

http://www.laniola-tokyo.net/

【関連記事】

(「からだにいい100のこと。」より転載)

10 Energizing Yoga Poses